(写真提供=SPORTS KOREA)チョン・ジヒョン

写真拡大

一年の締めくくりシーズンに入ったこの時期、「今年のCMクイーンは?」という記事に触れることも多い。

ニホンモニター社によると、1位はローラ(CM起用数15社)、2位は広瀬すず(同14社)、3位は有村架純(同11社)となっていた。

日本ほどはっきりと何社という数字は出ていないが、お隣・韓国でも“CMクイーン”と呼ばれる女性芸能人や、CMでブレイクした美女たちがいる。

韓国の美しすぎる“CMクイーン”たち

韓国のCMクイーンとして、まず名前が挙がるのはチョン・ジヒョンだ。

2001年の映画『猟奇的な彼女』や、2013年のドラマ『星から来たあなた』などに出演していることで、日本でも知名度のある女優だろう。

(参考記事:【写真46枚】出産後も美しい!! 韓国カメラがとらえたチョン・ジヒョンの“猟奇的な”セクシー

『イルガン・スポーツ』は「結婚と出産、そして復帰後、チョン・ジヒョンの(CM業界における)地位は一層強固になった」「広告界において圧倒的な人物」と紹介。新世界免税店をはじめ「11のモデル契約をしている」と伝えている。

“国民の初恋”スジ、AOAソリョンも大人気

そんなチョン・ジヒョンと比肩するCMクイーンが、K-POPガールズグループmiss Aのメンバー、スジだ。

数多くのCMに出演していることから、広告収入だけで100億ウォンを稼ぐなどとも報じられている。韓国焼酎チョウムチョロムをはじめ、長期契約している企業が多いのが特徴だという。

“国民の初恋”というニックネームからもイメージできるように、清楚でフレッシュな印象が多くの企業に起用される理由だろう。

そんな2人に迫る勢いを持っているのがAOAのソリョン。彼女のCM出演を報じた記事では、「AOAソリョン、疑いないCMクイーン」「330億のCMクイーン、ソリョン」といった見出しが並ぶ。

「ソリョン、ネイルからラーメンまで“またCMクイーン”」(『メイル経済』)という記事によると、「お酒、アウトドア商品、女性衣類、自動車保険、不動産アプリ、ゲーム、ラーメン、スキンケアなど多様なブランドのモデルとして活躍」しており、「CMクイーンとして最高の株価」を上げているらしい。

日本のCM美女に「広末涼子に続く清純派」の声

数多くのCMに出演しているCMクイーンだけでなく、CMをきっかけに話題を集めた美少女もいる。しかも、その美少女が日本人だというのだから注目せずにはいられない。

唐田えりかがその人で、彼女は9月から韓国で放送されているLG電子のスマートフォンCMに出演して人気が急上昇中。

「牧場でアルバイトをしていてスカウトされた日本の女優の美貌」(『中央日報』)といった報道もあり、韓国ファンからは「広末涼子に続く清純派」といった声が上がっているとか。

日本ではあまり知られていないが、韓国で活躍する日本芸能界の美女は意外と少なくない。唐田えりかも今後、その一人として韓国でお目にかかる機会が増えるかもしれない。

いずれにしても、彼女たちが広く愛されていることは間違いないだろう。今後も彼女たちが活躍し続けるのか、それとも来年は新たなCMクイーンが誕生するのか、注目したい。

(文=慎 武宏)