マーリンズで共にプレーしたイチローとボーア【写真 : Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…12月にはるばる来日の同僚と神戸で再会

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は記憶に新しい12月に米大リーグ(MLB)のマーリンズ・イチロー外野手が果たした「1万2000キロの再会」。今季までチームメートだったスラッガーが敬愛する背番号51に会うために来日。“後輩”は自主トレ先のほっともっとフィールド神戸で再会した2ショット写真をツイッターに掲載し、米ファンから「伝説の写真」「偉大なペアだ」などと話題を呼んだ。

 イチローに会いたかった。太平洋を越えて、日本にやってきたのは、ジャスティン・ボーア内野手だ。29歳のスラッガーは12月8日にツイッターを更新。掲載したのは、背番号51との2ショットだった。

 ほっともっとフィールド神戸のホームベース脇で上下黒のTシャツ、短パンにバットを持って至福の笑みを浮かべるボーア。その右側には、打撃グローブをつけたままのイチローが右手でピースサインでビシッと決め、クールな表情で寄り添うように立っている。画像には「史上最高の男と日本で打撃練習」と文字が入っており、いかにうれしい出来事かが見て取れる。

 ボーアは14年にメジャーデビュー。今季は打率.289、25本塁打、83打点をマークするなど活躍し、44歳でも現役を続ける同僚のイチローを慕ってきた。師匠は今季限りでFAとなったが来日。マイアミと神戸の距離は実に1万2000キロだが、そんなこともいとわず、実際に時間を共有することで得るものがあったようだ。

 画像を見た海外ファンから「ファンタスティック」「偉大なペアだ」「偉大な写真だよ」とコメント欄で感嘆の声が続々と上がっていた。さらにMLBの動画紹介サイト「Cut4」も「ジャスティン・ボーアとイチロー・スズキは伝説の写真のためにポーズを取り、シーズンオフはないことを証明」と特集。オフにも関わらず、話題を呼んだ。

 チームを離れても、1万2000キロの距離を越えてまで、求められているイチロー。レジェンドの背中は後輩にとっても大きい。それを証明するような1枚の写真だった。来季の去就が決まらずに2018年を迎えることになるが、イチロー自身はもちろん、背番号51を心酔するボーアも来季もメジャーで戦うことを望んでいることだろう。(THE ANSWER編集部)