記者会見の途中で乱入した男が取り押さえられている=31日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の第2野党「国民の党」の選挙管理委員会は31日、ソウルの党本部で記者会見を開き、野党第3党の保守系「正しい政党」との合併について賛否を問う全党員を対象にした投票の結果、回答者の74.6%が合併に賛成したと発表した。合併と同時に問われた安哲秀(アン・チョルス)同党代表の再信任も決まった。投票率は23.0%。

 職を賭して投票を提案した安代表は、再信任を得たことで来年から正しい政党との合併を本格的に進める見通しだ。

 ただ、党内の一部の反対派は投票率が全党員の3分の1にも満たないことから投票の無効を主張しており、党分裂の可能性も含め難航が予想される。この日の記者会見の途中、男が乱入して抗議する一幕もあった。