AC/DCマルコム、揺るぎないビジョンでバンドを牽引した40年

写真拡大

今年11月に64歳という若さでこの世を去ってしまった、マルコム・ヤング。唯一無二のハードロック・サウンドのど真ん中でドライブするリズム・ギターの絶妙なスウィングは、40年に渡ってAC/DCにパワーを与え続けた。

「ロックンロール・バンドはほとんどいないね」と、AC/DCのアルバム『スティッフ・アッパー・リップ』が発売された2000年頃、マルコム・ヤングがオランダのテレビ番組のインタビューで解説した。「ロック・バンドはいる。メタル・バンドもいる。それ以外のバンドもいる。でもロックンロール・バンドは……ローリング・ストーンズと俺たちだけだ」と言って、マルコムはクスクス笑った。インタビュアーからロック・バンドとロックンロール・バンドの違いを教えて欲しいれと言われ、彼はこう答えた。「ロック・バンドにはスウィングがない……たいていのロックは硬くて、しなやかさがないね。連中はフィールを理解していない。ムーブメントも知らない。そして、そういう数多が混在する世界だってこともわかっていない」

マルコムの言う「数多が混在する世界」を理解していたロックンローラーはほとんどいない。そして、そんな世界を永続させようと、一途に貢献したロックンローラーとなると、さらに数は少なくなる。1973年に弟アンガスと一緒にAC/DCを組んだマルコムは、認知症とその他の健康問題で2014年に早めのリタイアを余儀なくされたが、それまで頑なに維持してきたのが、威風堂々とスウィングしながらリフが推進する音楽だった。マルコム在籍中、AC/DCのレコーディングには3人のヴォーカリスト、3人のベーシスト、5人のドラマーが参加した。それにもかかわらず、AC/DCの音楽の美学は決してブレることなく維持された。彼らと比べると、ラモーンズですら気まぐれにトレンドを追いかけていたバンドに聞こえる。

AC/DCは、ドラム・マシンにもシンセサイザーにも一切手を出さず、”ヒット請負人”と仕事したことも、アルバムにゲスト・ミュージシャンを招いたこともない。音楽面でも、チャック・ベリーのリフと、彼らを育ててくれたオーストラリアのバー・サーキットで学んだこと以外の冒険は一切していない。『ロング・ウェイ・トゥ・ザ・トップ』(原題:Its The Long Way to the Top (If You Wanna Rock n Roll))でボン・スコットにバグパイプのソロを吹かせたことも、『地獄の鐘の音』(原題:Hells Bells)の冒頭で教会の鐘が響くことも、オーストラリアのバー・サーキットで覚えたことだった。彼らの曲の中で一番ポップな曲『狂った夜』(原題:You Shook Me All Night Long)ですら、こぶしを突き上げる歓喜の歌から長時間のマラソンファックへと昇華する。また、彼らの曲で最もバラッド寄りの曲『ジャック』(原題:The Jack)も、淋病に罹患した状態を歌った6分間の尺長で底意地の悪いスロー・ブルース曲だ。「ロックンロールはロックンロールってだけさ」と、ブライアン・ジョンソンは『ノイズ・ポルーション』(原題:Rock and Roll Aint Noise Pollution)で、物知り顔で歌っていた。その歌詞が示すように、AC/DCも常に”AC/DC”であり続けた。同じ鉱脈に留まり、忍耐強く快楽の金塊を掘り続けながら。

しかし、AC/DCのパブリック・イメージを作ったのが、制服を着た悪ガキのようなアンガス、好色な略奪者のようなボン、強壮な肉体労働者のようなブライアンだとしたら、一切の無駄を削ぎ落とした辛辣なバンド・サウンドを確立した張本人はマルコムだ。そして、AC/DCという立派な船の船長としての役割に加え、彼はこの船の主要設計士であり、主要整備工でもあった。常に1963年製グレッチ・ジェット・ファイヤーバードを手に持って弾き鳴らしていたマルコムは、飽きもせずリフや曲のアイデアを練り続けた。さらに、究極のギタートーンを手に入れるため、ジェット・ファイヤーバードの改良を何度も行っている。「彼はAC/DCという大型トラックのエンジンなんだよ」と、アンスラックスのスコット・イアンは2014年のオンライン・マガジンLoudwireのインタビューで述べている。「マルコムはあのバンドの原動力で、バンド結成初日からずっとそうなんだ。ファンじゃないと、マルコム・ヤングといっても誰か分からないだろうけど……マルコムこそが中心人物さ。史上最高のリズム・ギタリストなんだから」