イラク戦で先制点を挙げた大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

3月

 ロシアW杯を1年後に控えた2017年、日本代表は13試合を戦った。6大会連続6度目のW杯出場を決めたオーストラリア戦や、ワールドクラスとの2連戦、韓国に惨敗したE-1選手権などを経て、チームは勝負の2018年に向かおうとしている。今年、ハリルジャパンがどのような1年を送ったのかを振り返る。

------

ロシアW杯アジア最終予選(3月23日)
【試合結果】
UAE 0-2 日本

【日本の得点者】
久保裕也(14分)
今野泰幸(52分)

ロシアW杯アジア最終予選(3月28日)
【試合結果】
日本 4-0 タイ

【日本の得点者】
香川真司(8分)
岡崎慎司(19分)
久保裕也(57分)
吉田麻也(83分)

 日本代表の2017年はロシアW杯アジア最終予選の2連戦でスタートした。UAE代表とのアウェイゲーム戦に臨んだハリルジャパンには、今野泰幸が招集された。負傷離脱中の長谷部誠に代わって中盤に入ると、類まれな得点感覚でネットを揺らし、2-0の勝利に貢献した。

 続く埼玉スタジアム2002でのタイ戦も4-0と差をつけた。相手にPKを与えたが、川島永嗣の好セーブで無失点勝利を手にしている。

6月

キリンチャレンジカップ(6月7日)
【試合結果】
日本 1-1 シリア

【日本の得点者】
今野泰幸(58分)

ロシアW杯アジア最終予選(6月13日)
【試合結果】
イラク 1-1 日本

【日本の得点者】
大迫勇也(8分)

 これまで継続的に選出されてきた清武弘嗣、森重真人、西川周作が外れる中、ブルガリアでプレーする加藤恒平が初招集され大きな話題となった。しかし、1-1で引き分けたキリンチャレンジカップのシリア戦で10番の香川真司が負傷するなど、6日後のW杯アジア最終予選・イラク戦に不安を残した。

 そして、中立地のテヘランに乗り込んだイラク戦も1-1のドロー。勝ち点3を取り損ねる結果に終わった。

8月・9月

ロシアW杯アジア最終予選(8月31日)
【試合結果】
日本 2-0 オーストラリア

【日本の得点者】
浅野拓磨(41分)
井手口陽介(82分)

ロシアW杯アジア最終予選(9月5日)
【試合結果】
サウジアラビア 1-0 日本

【日本の得点者】
なし

 8月31日、日本はW杯出場をかけてオーストラリアとの大一番を迎えた。前線のパワーを活かすのではなくビルドアップから攻撃を構築しようとする相手に対し、日本はハードワークで対応。浅野拓磨のゴールで先制すると、後半には井手口陽介がミドルシュートを決め2-0で勝利した。この結果、日本は6大会連続6度目のW杯出場を決めた。

 その後行われたサウジアラビア戦は0-1で落としたが、完全アウェイの雰囲気の環境で戦えたことをチームの糧としたい。

10月

キリンチャレンジカップ(10月6日)
【試合結果】
日本 2-1 ニュージーランド

【日本の得点者】
大迫勇也(50分)
倉田秋(87分)

キリンチャレンジカップ(10月10日)
【試合結果】
日本 3-3 ハイチ

【日本の得点者】
倉田秋(7分)
杉本健勇(17分)
香川真司(90+2分)

 代表経験の少ない面々が招集された10月シリーズでは、国内で2試合が行われた。ニュージーランドには大迫勇也、倉田秋のゴールで2-1と勝利したが、ハイチ戦は思わぬ乱打戦となった。

 杉本健勇の代表初ゴールと倉田の2試合連続弾でリードを奪いながら失点を重ね、一時は逆転を許してしまう。最終的に香川真司のゴールで敗戦は逃れたものの、課題を残すことになった。

11月

国際親善試合(11月10日)
【試合結果】
日本 1-3 ブラジル

【日本の得点者】
槙野智章(62分)

国際親善試合(11月14日)
【試合結果】
日本 0-1 ベルギー

【日本の得点者】
なし

 ハリルジャパンとして初のヨーロッパ遠征となったこのシリーズ。ブラジル、ベルギーとの2連戦は、世界との距離を測る意味で絶好の機会だった。大黒柱の本田圭佑、香川真司、岡崎慎司が選外となり、森岡亮太や長澤和輝といったフレッシュな面々が加わった。

 ブラジルには世界最高峰の実力を見せつけられ、ベルギー戦も健闘したとはいえ甘さを露呈して敗れた。W杯本大会への糧としなければならない。

12月

EAFF E-1 サッカー選手権(12月9日)
【試合結果】
日本 1-0 朝鮮民主主義人民共和国

【日本の得点者】
井手口陽介(90+3分)

EAFF E-1 サッカー選手権(12月12日)
【試合結果】
日本 2-1 中国

【日本の得点者】
小林悠(84分)
昌子源(88分)

EAFF E-1 サッカー選手権(12月16日)
【試合結果】
日本 1-4 韓国

【日本の得点者】
小林悠(3分)

 クラブW杯に参戦する浦和レッズ以外の国内組で挑んだEAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会。Jリーグでプレーする選手たちにとっては、ロシアW杯のメンバーに食い込むためにもアピールが必須だった。しかし、成果は乏しかった。

 朝鮮民主主義人民共和国と中国に勝利したものの、韓国には1-4と敗北。中村航輔、伊東純也ら持ち味を発揮した選手はいた。だが、ライバルに惨敗を喫したことで好印象は霧散した。

text by 編集部