【特集】Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 2】

【ギャラリー】2017 Aston Martin Vantage V12 S10


Alex Kierstein:アストンマーティン V12 ヴァンテージ S
今年、私が運転したクルマの中で、アストンマーティンの「V12 ヴァンテージS」は、2017年の生産台数が最も少ないモデルだろう。今の時代には時代錯誤的とも言えるクルマで、後継モデルが最近発表されたこともあり、時代遅れ感が一層際立つようになった。そんな風前の灯のようなクルマではあるが、2017年に私が乗った中では最高の1台だったと自信をもって言える。凝った仕組みのターボチャージャー付きエンジンを搭載しているわけでもなければ、度肝を抜くような加速をするわけでもない。ただ自然吸気V型12気筒エンジンをマニュアル・トランスミッションで乗りこなす、旧き佳き時代の至福を味わっていれば良い。このV12 ヴァンテージ Sは最速ラップタイムを記録するために作られたクルマではない。あくまでもドライバーのために作られたクルマなのだ。

2017年という年に、これは重要な意味を持つ。ターボ付きエンジンが主流になり、電動ステアリングラックや、スピーカーから人工的なエンジン音を流す仕組みも珍しいモノではない。これらは技術の向上という名の下に、機械と人間とを隔てる層を形成している。しかし、私を感動させる機械は、全てをさらけ出しているものだけだ。このアストンには欠点もあるが、十分なカリスマ性がそれを補って余りある。まるでマーリンの航空機用エンジンの小型版が離陸するような音を発生し、マニュアル・トランスミッションは1速が左下に位置するドッグレッグ・ポジションだ。それらを思いのままに操ればよい。すると全てが消え落ちて、ドライバーと、道と、唸りを上げるV12だけが残る。大パワーを引き出すことがそれほど特別ではなくなった今、ドライバーがクルマと本当に一体感を感じられるということこそ、現代では価値があると言えるのではないだろうか。ヴァンテージはそれを見事に実現している。

■関連記事
アストンマーティン、「V12ヴァンテージS」に7速マニュアルを設定

【ギャラリー】2018 Lexus LC 500 First Drive44


James Riswick:レクサス「LC500」
たった今、外を確認した。どうやらブタは空を飛んでいない。つまり、あり得ないことではないのだ。そう、私が選ぶ2017年に最も素晴らしかったクルマは、レクサス。金色の「ES350」でお馴染みの高級車ブランドで、"特徴的なスピンドルグリル"、不愉快なリモートタッチ・インターフェースで有名な、あのレクサスのクルマなのだ。ちなみに私が選ぶ今年の最も酷かったクルマはレクサス「GX460」である。

しかし、2017年型「LC500」は秀逸なグランツーリスモだった。私はこのクルマでお気に入りの山道を走った。快活で、剛性感が高く、素晴らしく感覚に富むステアリング、そしてV8エンジンから聞こえてくる荘厳な音に、私はさらなる評価のために第2のドライブに誘われ、オレゴン州ポートランドからベンドまで4時間のロードトリップを行うことになった。シート、乗り心地、マークレビンソンのサウンド・システム、実用性の高いトランクは、カップルが快適かつスタイリッシュに移動するのに必要なグランドツーリングカーの要素を備えている。ポートランド周辺を走ってみて、他にも気づいた点がある。キャビンは非の打ち所がなく、視界は驚くほど良好で、正真正銘の優しい乗り心地。これなら楽に毎日乗れるだろう。

私はその外観さえ気に入っている。そんなこと、これまでレクサスのクルマに対して言ったことなど一度もない。ぜひ購入したい1台だ。不愉快なリモート・タッチが付いていても。

■関連記事
【短評】レクサスの新型クーペ「LC500」を、米国版Autoblog編集部員たちが試乗

By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 3】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 4】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も素晴らしいクルマ」【Part 1】

Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も残念なクルマ」【Part 1】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も残念なクルマ」【Part 2】
Autoblog編集スタッフが1人1台ずつ選ぶ「2017年に乗った最も残念なクルマ」【Part 3】