7度目の防衛に成功した井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

ボワイヨに3回TKO勝ちで7度目の防衛達成…米メディア称賛「PFP最強ボクサーの1人」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦(横浜文化体育館)は30日、同級王者の井上尚弥(大橋)が同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ち。ケタ違いの強さで7度目の防衛に成功した。「Monster」の圧倒ぶりについて、海外メディアは「なぜ、対戦相手探しが大変なのか、すぐに分かった」「パウンド・フォー・パウンドで最強のボクサーの1人」と絶賛している。

「イノウエがおそらくスーパーフライ級との惜別戦でボワイヨを破壊」と特集したのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。

「Monster」の面目躍如の快勝劇だった。井上は1回に強烈な左フックでダウンを奪うと、3回には強烈無比な左フックでダウンを奪い、17年最終戦で衝撃的な強さを披露。記事でも、日本人王者の無欠ぶりを手放しで称賛している。

「ナオヤ・イノウエのトレーナーは土曜日に彼と対戦したいという相手を探すことに苦労していた。その理由が判然とするのに長く時間はかからなかった」とレポート。3回1分40秒TKOとまざまざと力の差を見せつけた井上は統一戦を含め、これまで対戦相手がオファーを受けようとしなかった理由を明確にした。それは、尋常ならざる強さだった。

左フックは「残忍」…ボワイヨを沈めたラッシュは「獰猛なコンビネーション」

 記事では、井上の強烈なボディへの左フックを「残忍」と表現し、猛攻に晒され続けたフランス人ファイターの3回TKO負けについて「慈悲深い中断」と主審のジャッジを評価。そして、試合を決めた際のラッシュついて「ボディへの獰猛な右、左のコンビネーション」と称賛している。

 圧巻の強さでV7を達成した井上は、来年バンタム級への転向の意向を示唆している。記事では「一般的にパウンド・フォー・パウンドで最強のボクサーの1人と認められている」と紹介し、17階級を通じた最強ボクサーを格付けするPFPでも世界最強の1人と認められている。

 今年は9月に同級の猛者が一堂に会した「Superfly」で圧巻の米デビューを飾り、一躍、世界に名前を知らしめた井上。以降は統一戦を希望しながら実現せず、強すぎる王者の“孤高”を味わってきた。

 対戦相手が逃げ出すほどの強さを、改めて証明した「Monster」は2018年、新たな戦いの舞台となるバンタム級でも規格外の強さを見せてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)