ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

F1の2017年王者ハミルトンが2位、“サッカー界の顔”であるC・ロナウドがトップ

 2017年、数多くのタイトルを獲得したアスリートの1人と言えば、男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)だ。膝や腰の故障でシーズンの半分を棒に振った16年を経て、全豪オープンとウィンブルドンと四大大会2つを制覇。10月に36歳を迎えた今もなお健在であることを示した。ただ、ポーランド唯一の国営報道機関「PAP」が実施した「ヨーロッパ・アスリート・オブ・ザ・イヤー」では、トップの座に手が届かなかったという。英紙「メトロ」が報じている。

「ヨーロッパ・アスリート・オブ・ザ・イヤー」は1958年から続く由緒ある賞で、圭26のヨーロッパ報道機関が参加する。フェデラーは同投票において124ポイントを獲得したが、順位は3位だった。テニス界のレジェンドを上回る得票数を手にしたのは誰か。

 2位に入ったのは、143ポイントを獲得したF1ドライバーのルイス・ハミルトン(英国)。今年、2年ぶり4度目の年間王者に輝いた32歳は、“音速の貴公子”と親しまれたアイルトン・セナ(ブラジル)の記録を超えて、歴代3位タイに躍り出た。

 そして、栄えある1位に輝いたのは、サッカーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。スペインの名門レアル・マドリードの大エースは、リーグ制覇と史上初のUEFAチャンピオンズリーグ連覇と二冠を達成。史上最多タイとなる5度目のバロンドール受賞、FIFAクラブワールドカップ連覇もあって、印象度でフェデラーを上回ったようだ。「メトロ」紙は「クリスティアーノ・ロナウドがロジャー・フェデラーを破ってベスト・ヨーロピアン・スポーツパーソン・アワードを受賞」と伝えている。

 通算6回目の受賞を逃したフェデラーだが、決してその価値が衰えたわけではない。テニス以外の世界的アスリートとも比較されるレベルだと考えれば、やはり影響度は絶大と言えるだろう。

ロナウド、ハミルトン、フェデラーに続くトップ10の顔ぶれは?

【ヨーロッパ・アスリート・オブ・ザ・イヤー2017 トップ10】

1位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー/ポルトガル) 159ポイント
2位 ルイス・ハミルトン(F1/英国) 143ポイント
3位 ロジャー・フェデラー(テニス/スイス) 124ポイント
4位 ラファエル・ナダル(テニス/スペイン) 113ポイント
5位 サラ・ショーストレム(水泳/スウェーデン) 75ポイント
6位 マルセル・ヒルシャー(アルペンスキー/オーストリア) 68ポイント
7位 ラウラ・ダールマイアー(バイアスロン/ドイツ) 51ポイント
8位 モハメド・ファラー(陸上/英国) 51ポイント
9位 クリス・フルーム(ロードレース/英国) 50ポイント
10位 エカテリーニ・ステファニディ(陸上/ギリシャ) 41ポイント(THE ANSWER編集部)