「わろてんか」でヒロイン・てんを演じる葵わかなにインタビュー

写真拡大

12月28日の放送で折り返し地点を迎えた連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。葵わかな演じるヒロイン・てんが、夫・藤吉(松坂桃李)らと共に寄席の経営を拡大させ、日本中に「笑い」を届けるべく奮闘している。

【写真を見る】葵わかな、「『アイドル出身の』と言っていただくのは、何だか申し訳ない気持ちになるんです」

制作統括の後藤高久氏も「ヒロインはいつも笑っている役なので、笑顔の素敵な人を選びたかった」とヒロイン抜てきの理由を明かしているが、放送開始当初より葵の笑顔は「作品にぴったり」と好評を博していた。

そんな葵だが、芸能界入りの理由は「クイズ番組のピンポンを押したかったから」。

「やるからには、全力で」と力強く話す葵に、あらためてこれまでの軌跡と、“朝ドラ”ヒロインのその先について話を聞いた。

■ きっかけはクイズ番組への憧れ

──まず、芸能界に入るきっかけを教えてください。

小学校5年生くらいの時に、当時すごく好きだったクイズ番組の“ピンポン”を押したくて(笑)、母にそのことを話したら「じゃあ、オーディション受けてみる?」と言われたんです。そのオーディションの写真を撮りに行った先でスカウトしていただいたのが、この世界に入るきっかけでした。

テレビの世界に入りたいと思っていたわけではなかったのですが、「どうする?」と聞かれて、「え、やってみる!」と答えて。「近所の公園に行きたい」くらいの感覚で、決めてしまったんですよね(笑)。

──では、芸能界から葵さんに近づいてきたという感じなのですね。

たまたまで、ラッキーだったんだと思います。飽きっぽい性格なんですが、“お仕事”だっていう意識だったり、両親から掛けられた「やるなら、ちゃんとやりなさい」っていう言葉が心に残っていたこともあって、ずっと続けてこられました。

■ どんな分野にもチャレンジを

──事務所に所属されてからは、CM出演が決まり、ドラマデビュー、そしてアイドルユニットへの参加と、幅広く活動されています。心境の変化はあったのでしょうか?

私自身が変わったということはありませんが、新しい分野に挑戦してみる気持ちは自然と生まれてきました。

実は、タレントさん、モデルさん、女優さん、歌手さん…のように、テレビで活躍する方々に肩書きがあることすら知らなかったんです。それで、特に意識はせずに、いろいろなことをさせていただいていましたね。アイドルをやっていた期間は短かったので、「アイドル出身の」と言っていただくのは、何だか申し訳ない気持ちになるんですが…。

──では、活動の軸は、やはりお芝居だったのでしょうか?

そうですね。どれも真剣にやっていましたが、ベースはずっとお芝居にあったような気がします。

■ 大学進学も「全力で」!

──そんな中、大学進学という決意もされました。

「大学ってどんなところかな」という、興味があったんです。大学に行ったからどうなるというお仕事ではありませんが、「(大学に)行かなかったらずっと、どんなところか分からないまま一生を終えるのか…」と思うと、すごくもったいない気がして。

もともと何かを学んだり調べたりすることが好きだったので、全力を出して、一度チャレンジしてみようと思いました。

4年間で卒業することが多いと思いますが、それが全てではないと思うんです。今しかできない学生生活もあれば、今だからできるお仕事もあるので、そこは欲張りつつ、自分で決めて楽しめればと思っています。

■ 「わろてんか」の先に

──最後に、“朝ドラ”のヒロインという大きな目標をかなえられた今思う、次の目標を教えてください。

この先に何があるのか、自分ではまだ想像もできません。でも、「わろてんか」の撮影を通して、“チームで頑張ることの可能性”にあらためて気付きました。誰かと深く関わるのって、すごく勇気がいることなんですよね。だけど、誰かと何かを作ることに対して、もっと前向きになりたいと思いました。

来年は特に、守りに入らずいろいろな挑戦を楽しみたいと思っています!(ザテレビジョン)