でんぱ組.incを脱退した、最上もがが31日、「やっぱりまた6人でステージに立ちたかったです。わがままですね。諦めが悪いというか…」などと現在の心境を明かし、グループへの未練をにじませた。また、7人体制になったでんぱ組.incについて「影ながら応援したい」とエールを送った。

 2人が加入して7人体制となったことが発表された30日の翌日早朝、最上は自身のブログを更新。「いまのきもち」というタイトルで「なんだか寝付けなくてこの時間にブログを書いています」と自身の思いを告白した。

 最上は「ぼくはまだ、いまの状況に悔しさや悲しさをもったまま、この4ヶ月くらいは喪失感との戦いでした。受け入れがたいことがたくさんあって、アイドルなんて本当はやってなかったんじゃないかと思うこともありました。毎年、このシーズンはこのフェスにでて、とか、ツアーをやって、とか、そういうのが何年も続いていたから、当たり前のように感じていたけれど、そこにぼくはもういなくて。永遠に続くものなんてないのはわかっていても、やっぱり、続けたいと願っていました。淡い期待をいつまで持っていたんだろう。」と吐露。

 さらに「今年は、ぼくがでんぱ組を脱退することでたくさんの人を悲しませてしまったと思います。戻ってきて欲しいという言葉も、未だに届いていました。ぼくも、6人のでんぱ組はとても大切なもので、たくさんの思い出があります」とグループでの思い出をつづる。

 脱退についても触れて「ファンのみんなには、脱退というのはとてもショックだったと思うし、受け入れられない人もたくさんだと思います。未だにぼくも、割り切れることではないです。無意識のうちに考えているのか、夢にもよくでてきます。部外者が何を言ってんだと思われるかもしれないけれど、やっぱりまた6人でステージに立ちたかったです。わがままですね。諦めが悪いというか…笑」と未練があったことを告白。ただ、新体制のでんぱ組を「影ながら応援したい」ともしている。

 さらに「ぼくがでんぱ組にいた日々は、なくなるわけではありません。色褪せず、ぼくの中にずっと残っています。その経験があるからこそ学べたことがたくさんあります。出会えた人がたくさんいます。もう会えないファンの人もいるけれど、ぼくは出会えてよかったと思ってます。全ての期待に応えることはできないけれど、ぼくもまた、今できること精一杯やっていきたいと思います」とも綴った。

 最上は今年8月にグループを脱退。それ以前は体調不良が続き、番組などを欠席していた。8月に更新したブログでは「いままでも何度か決まっていた現場を体調不良の為お休みしてしまったことで、哀しい気持ちにさせていたと思います。本当にごめんなさい。今後もそういう可能性がゼロとは言えず、自分だけでコントロールすることができないと思い、これ以上迷惑をかけたくないという気持ちで脱退することを決めました。正直、何年も悩んでいたことではあったのですが、とても悔しくて仕方ないです」と悔しさをにじませていた。