2017年も有村架純の人気は絶頂だった。それは、2年連続で『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)の紅組司会という栄誉ある役を担当することにも現れているが、有村が名実共に日本の芸能界のトップ女優になったわけには、彼女が積み上げてきたいくつもの功績がある。

 まず、今年の有村を語る上で外せないのが、半年間に渡りヒロイン・みね子を演じた朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)である。全156回を通じた期間平均視聴率は20.4%を獲得。19.4%で始まった第1週から徐々に視聴率を上げ、最終週には23.0%の最高視聴率で有終の美を飾った。有村自身も、「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」にて最優秀主演女優賞に輝いている。『ひよっこ』終了の翌月には、映画『ナラタージュ』が公開され、『marie claire ASIA STAR AWARDS 2017』において「アジアスター賞」も受賞した。高校教師・葉山(松本潤)に思いを寄せ続ける工藤泉としての演技が評価された結果である。2017年の締めくくりとなる紅白の司会は、昨年に続き2年連続。これは2008年〜2009年に紅組の司会を務めた仲間由紀恵以来の記録となる。

参考:地下アイドル・姫乃たまの『ナラタージュ』評:全ては終盤のラブシーンのために

 有村の人気は、なにも数字や賞だけに現れているわけではない。数々の有名人が、『ひよっこ』オンエア中はもちろん、終了後にもテレビで有村のファンであることを公言していた。“朝ドラ受け”が好評な『あさイチ』(NHK総合)の有働アナ、井ノ原快彦を筆頭に、紅白の総合司会として有村とタッグを組む内村光良もまた、彼女の大ファンだという。内村は、『LIFE!〜人生に捧げるコント』(NHK総合)で『ひよっこ』のエピソードの中でも特にお気に入りだという、みね子が行方不明になっていた父・実(沢村一樹)と再会するシーンを、有村本人とパロディーコントで再現していたほどだ。

 また、『おはよう日本』(NHK総合)の高瀬アナは、番組のラストに「有村さん。『おはよう日本』でお待ちしております」とラブコールを送るだけに留まらず、その日の『9時のニュース』(NHK総合)にも登場し、ニュース番組の終わりに『あさイチ』に出演中の有村へのメッセージをねじ込むというウルトラCを決め、その熱狂的な愛が視聴者から絶賛された。それがきっかけとなり、12月16日に放送となった『有村架純 カナダ大自然の旅』(NHK総合)では、サブナレーションを高瀬アナが務めている。

 今年で4年連続となる「紅白ウラトークチャンネル」の司会を務めるバナナマンの日村勇紀も、ラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』でたびたび有村の名前を挙げている。ロッチの中岡創一も『頼まれてないけど、いったん会議しましょう』(TBS系)に出演した際、有村と電話が繋がっているというサプライズ(姉の藍里というドッキリ)を受け、動揺のあまり「好きです」と告白してしまっていた。

 なぜ有村は、これほど多くの人を惹きつけるのだろうか。内村(扮する三津谷寛治)は、「紅白1分PR」の中で有村の印象を「爽やか、真面目、可愛い」と三拍子で絶賛しているが、それは朝ドラの有村のキャラクターそのものである。実際、『カナダ大自然の旅』では、ニュアンスとフィーリングと笑顔で見知らぬ人々と英会話を成立させて、すぐさま打ち解けて見せた。そのオープンさも有村の人を惹きつける理由の一つだろう。

 今年は映画では『3月のライオン 前編・後編』『関ヶ原』『ナラタージュ』の3本に出演していた有村。『3月のライオン』ではワイルドかつ妖艶な姉を演じ、『関ヶ原』では初のアクションに挑戦し、『ナラタージュ』では教師と禁断の恋に落ちる様を体当たりで演じてみせた。そして、今年公開の映画はすべて『ひよっこ』以前に撮影が行われている。続けざまに三本もの映画に出演したことで、有村は朝ドラ主演に求められる忍耐力と柔軟性を培ったのではないだろうか。『カナダ大自然の旅』は、『ひよっこ』クランクアップ後、有村が気持ちを開放するために出かけた旅であった。この旅を通じて「人と関わることによって、何か忘れかけてたものが蘇ってきたような気がします」と話していたが、その成果が現れる場所の一つとして、紅白の司会があるのではないだろうか。

 昨年の有村の司会は、その前年の綾瀬はるかの天然ぶりに比べると、非常に落ち着いた様子であったように思う。白組司会であった相葉雅紀から「ばーか。好きに決まってんじゃん」を関西弁で、という無茶振りにも応えてみせた有村。今年は、総合司会が有村を溺愛する内村ということで、昨年以上の対応力が求められるだろう。一年を通して楽しませてくれた有村が、今年最後にどんな表情を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

(渡辺彰浩)