<日本航空石川・茗渓学園>後半1分、ハンドオフでディフェンスをかわしながらトライを決める日本航空石川・アシペリ(左)

写真拡大

 ◇第97回全国高校ラグビー第3日 日本航空石川66―7茗渓学園(2017年12月30日 東大阪市・花園ラグビー場)

 トンガからの留学生が大暴れだ。日本航空石川(石川)のNo・8アシペリが3トライで茗渓学園(茨城)を粉砕。「ベスト4まで行きます」と力強く宣言した。19年のW杯日本大会でトンガ代表は花園で2試合を戦うが、モアラは「将来は日本代表に」と意気込む。

 チームは統一感を出すため、夏合宿の写真を1000ピースのジグソーパズルにして宿舎で完成を目指している。県勢初のシードを獲得して挑む今大会。校長先生でもある小林学監督は「成長している」と手応えを示した。