「月刊ザテレビジョン」にて誌上座談会を行った稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾

写真拡大

2017年、メディアの“新しい”景色を見せてくれた稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。2018年はどのような“地図”を描いていくのだろうか。今の心境と今後の抱負を本音で語り合った「月刊ザテレビジョン(2月号・発売中)」の誌上座談会の一部を紹介。

【写真】「来年をどのような色にしていきたいか?」の答えには三者三様のカラーが

■ 2017年の振り返りと2018年の抱負を3人で語り合った

―新しい地図を携え走り始めた稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人。あらためて’17年を振り返って――。

稲垣吾郎「ここまで己と向き合った年はなかったと思います。時間があったぶん、自分と対話することができたというか。人間って考える時間が多いと、逆にネガティブな思考が生まれたり、細かいことが気になってきたりするじゃないですか。僕はあまりウジウジ考えたくないし、考えるより行動したいタイプなんです。でも、ここでそういう時間があったことは、今後の人生において役に立ってくると思うし、何よりファンの方の力は本当に大きいなって、それは実感したよね。そこがなかったら何もなくなってしまうので。感謝の気持ちというか、スタッフも家族も友達もそうだけど、そういう人に支えられていることにあらためて気付かされた1年でした」

草なぎ剛「昨年の今頃は『嘘の戦争』(フジ系)の撮影でタイに行ってたのかな。そう考えると一年って早いね。本当にたくさんいろんなことがあって、一年でこんなに人生が大きく変わるものなのかと今、思った。でも、自分的にはとても清々しい気持ちでいて。失うものも大きかったけど、それ以上のものを得ているなって本当に思ってる。再スタートとか、新たなステージに入ったという言葉がピッタリくる一年だったなと思います」

香取慎吾「そうだねぇ。長かったですね。2017年は本当に長かった。何だろ…。今年はアートのお仕事もいただいたりして。初めて自分の絵を(企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に)出品したんです。本当は言われたサイズがもう少し小さかったんだけどなくて、幾つかちょっと大きなのを選んで2点飾ってもらった。で、同じ時期にカルティエからも依頼をいただいて。時間がなくて大変だったけど面白かったです。本当に“絵の人”みたいで」

草なぎ「『私は画家です』(笑)」

香取「バカにしてるんだろ」

草なぎ「違うよー。すごいなって」

香取「ギリギリまでその作品を作ってて、そのあと“72時間”の打ち合わせを詰めて詰めて詰めてやれて。もう間に合わない、行こう、本番!みたいな感じだったけど、やれることは全部やれて楽しかった。そんな年でした(笑)」

―’18年も期待していいですか?

香取「はい。とにかく笑顔で楽しく。僕らもそうですし、応援してくれる皆さんが『何なの? こんなことするの? 楽しい!』と言ってもらえるようなことをしたい。笑顔で裏切りたいですね」

稲垣「SNSという新しい武器が僕らに備わったので、こういうアナログでもある雑誌とSNSの両方の力をうまく借りて、ファンの方とより深くなっていけたらと思います」

草なぎ「3人でまた大きなことができたらいいね。SNSも連動させて、毎日ドキドキワクワクできるようなことを考えていきたいです」

―最後に、‘18年への意気込みを色に例えると?

稲垣「今は白かな。ここから描いていくという意味で。白とブルーの間の、空みたいな色ですね」

香取「僕は赤(即答)。赤く燃えてます。分かんなーい!とか、どうなるのかな?とか言いながらもフツフツ燃えるものはあります」

草なぎ「なかなか1色には決めたくないというか。その都度その都度いろんな色を塗っていきたいので。そういった面では白なんだけど…」

稲垣「ふふ、かぶってもいいよ」

草なぎ「じゃあ、僕も白で。そこにいろんな色を塗っていく」

稲垣「みんなで一緒に描いてもらえたらうれしいよね」(ザテレビジョン)