揚げ物嫌いのファッションエディターが感動したとんかつはこれ!

写真拡大 (全4枚)

おしゃれ業界まわりの食べ物のトレンドを斬る痛快コラム「おしゃれフードトレンドを追え!」。著者の小泉さんは、実は揚げ物が苦手。でもそんな小泉さんがNo.1と絶賛するとんかつはどこ?

【2017年の感動レストラン】ファッションエディター・小泉恵里編


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣に、今年一番印象に残ったお店について質問!

今回は、人気連載コラム「おしゃれフードトレンドを追え!」の著者、小泉恵里さんにお答えいただきました。

◇プロフィール

小泉恵里

ファッション系の企画&コンサルタント会社勤務の後、「流行通信」「WWD JAPAN」「GQ JAPAN」などでファッションエディターとして活躍。パリやミラノなどのコレクション取材経験も豊富。独立後はファッション分野を中心に取材、執筆活動をするほか、コンサルティングなども行っている。お酒が大好きだが、現在子育て中なので深い夜遊びは自粛中。好きな食べ物は豆類。

Q 2017年一番印象に残ったレストランはどこですか?


出典:y_recさん

A とんかつ 檍です。


「海外大物デザイナーをもうならせた、日本が誇る名店はどこ?(前編)」で書かせていただいた、蒲田のとんかつ 檍が一番印象的でした。ここは私の人生でNo.1のとんかつ! 文句なしで今まで食べた中で最高の味でした。実は揚げ物(こってりした脂)が大の苦手な私は、とんかつも天ぷらも最終的には衣を剥がして食べる邪道(マナー違反)な食べ方をしています。それが檍のとんかつの場合、衣がうす〜く肉にまとわりついていて、お肉と一体化しているのです。サクッとしながらも存在感が控えめの衣が、甘く味わい深い上質なお肉を引き立てていました。噛んだ時の肉汁感は忘れられません。


Q もう一度食べたい一皿は?


出典:lua barancaさん

A 炭火串焼 ふく のせせりです。


ネギがたっぷりのった絶品です。ここに来たらコレを食べないと!というくらい大好きです。こちらはアパレル出身者がオーナーとのこと。気のせいかオシャレな客層で最近では外国人も多いです。炭火焼のライブ感とモダン和風のオシャレな雰囲気が素敵な店はいつも満席。焼き場を囲むように造られているカウンター席からは焼き鳥を焼く様子が見られて楽しいです。

 

Q 2018年、行きたいレストランはどこですか?


出典:bottanさん

A NARISAWAです。


2017年、編集長たちの接待ディナーで断トツの人気を誇っていたお店がNARISAWA。私も来年こそは行ってみたいです。


次回は、あの食通の感動レストランが明らかに。お楽しみに!