海南省海口市のある商業施設にこのほど、身長180センチでスーツに革靴姿の男性6人が入った「シェア彼氏」と書かれたボックスが登場した。

写真拡大

海南省海口市のある商業施設にこのほど、身長180センチでスーツに革靴姿の男性6人が入った「シェア彼氏」と書かれたボックスが登場した。このイベントは24日と25日の2日間行われ、独身の女性はQRコードをスキャンして1元(約17円)を支払い、「彼氏」と1時間デートすることができるという。海南特区報が伝えた。

【その他の写真】

筆者は人混みに紛れて何とか1元を払い、「シェア彼氏」の荘さんをゲットした。荘さんは取材に対して、「デートできるのは1時間。時間が終了すると、ボックスの中に戻らなければならない。そして、また他の客を待つ。制限時間前にデートを終えることもできる」と紹介した。

荘さんによると、このイベントでデートできる「シェア彼氏」は全員、この商業施設のスタッフで、「昨日は7人、今日は6人待機しているが、基本的には同じメンバー。イベント開催時間は午後3時から午後9時までとなっているが、実際の状況に応じて調整し、食事の時間や休憩時間もある」という。(提供/人民網日本語版・編集/KN)