オカダ・カズチカ流、「楽しさ」を超えた「遊び」のプロレス道

写真拡大

日本国内だけでなく、世界的に見ても最大級のプロレス興行の一つが1.4東京ドーム(WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム)だ。世界中のプロレス・ファンが注目する大舞台で4年連続メインイベントを飾るのが、現IWGPヘビー級チャンピオンのオカダ・カズチカ。女性人気だけでなく子どもたちからも熱視線を集めるスターである。今回、本人がこだわっている愛車とゲームを切り口に、「世界の新日本プロレス」を牽引するチャンピオンにせまってみた。

ゲームに没頭することでアイデアが生まれる

― 以前、ケニー・オメガさんに取材をさせてもらったとき、彼もすごくゲームが好きでいろいろ話してくれたのですが、そもそもゲーム好きなレスラーって周りにいるんですか?

オカダ 海外のレスラーには多いですけど、日本人のレスラーでここまで好きなのはそうそういないですよ(笑)。だから外国人レスラーとはよくゲームの話をしますね。

― オカダさんがゲームをやりこむキッカケになったソフトは何でしょう?

オカダ 『メタルギアソリッド』です。最初に『メタルギアソリッド1』をやったんですけど、こんなにドキドキしながらゲームをすることがあるんだなと。それまでは『ストリートファイター』で延々と戦っていただけだったのが、敵に見つからないよう隠れながら進めるゲームと初めて出会って、それがきっかけでRPGをやるようになったっていうのもありますね。メキシコに行くときもPlayStation 2を持って、小さなテレビを買って自分のベッドに置いて、狭いベッドの中でゲームをしていました。海外には毎回、確実にゲーム機を持って行ってます。

― ゲームは子どもの頃から好きなんですか?

オカダ 父親も『ストリートファイター』とか『バーチャファイター』といった格闘ゲームが好きだったので、昔からゲームはよくやってました。

― 家庭用ゲーム機だけじゃなくてゲームセンターに行くことも?

オカダ ゲームセンターにもよく行ってましたね。母親がカラオケをしている間、横のゲーセンでゲームをして待っていたり(笑)。『THE KING OF FIGHTERS』とかよくやってました。

― 本当に格闘ゲームが好きだったんですね。特にやりこんだゲームは何ですか?

オカダ 『THE KING OF FIGHTERS 98』ですかね。友達と延々とやっていたのを覚えていますね。あとプロレスを好きになったきっかけが、プロレス・ゲームなんですよ。兄が借りてきたNINTENDO64のゲーム『新日本プロレスリング闘魂炎導2』です。格闘ゲームには体力があるじゃないですか。プロレスゲームは体力関係なく3カウント入らないように連打して押さえを返したり、関節を取られても連打すればロープに逃げたり、体力ゲージがないからこそ余計にハラハラドキドキして、それでもっともっとゲームにハマりました。プロレスゲームのよさはそこかなって思いますね。

― 常にゲームはやっていたんですか?

オカダ はい。ゲームをやらなかった時期はないんじゃないかなって思うくらい。

― 生活の一部ですね。普通だったら2年くらいゲームから離れていた時期があったりするじゃないですか。

オカダ 中学校のときに『FINAL FANTASY X』『逆転裁判』『三國無双』、新日本プロレスに入っても『実況パワフルプロ野球』をやってましたから、ゲームはずっとやってます(笑)。やっていない時期を思い出す方が難しいです。

― 初めてドキドキしたソフトが『メタルギアソリッド』だとして、初めて感情を揺さぶられたゲームは何ですか?

オカダ 『FINAL FANTASY X』かもしれないです。本当に『FINAL FANTASY』が好きすぎて、エンディングはビデオに録画しました(笑)。そのくらい好きでしたね。『メタルギアソリッド』はドキドキしながらプレイする感じで、ストーリーに揺さぶられました。『Call of Duty』も好きで、FPSという自分の視点が新鮮でしたね。基本的には洋ゲーの方が好きなんですけど、日本のゲームも少しずつオープンワールドになってきている気がして、それは楽しくなってきたなと思いますね。

― 『ゼルダの伝説』はどうですか?

オカダ Nintendo Switchでやりました。僕は主人公が喋るゲームが好きなんですよ。できれば主人公には喋ってほしい(笑)。『モンスターハンター』も喋ってくれればいいなと思うんですけどね。自分を投影しているのかもしれないですけど、主人公が喋ってくれた方が気持ち的にノレるんです。だから、自分で容姿を決めるのはどちらかと言うと苦手です。やるはやるんですけど(笑)。

― 物語に没頭したいタイプなんですね。

オカダ 主人公の気持ちって絶対にあると思うんです。プロレスのことを考えて煮詰まっているとき、頭を切り替えるためにゲームをすることも多いんですが、没頭することで良いアイデアが生まれたりすることもあるんですよね。

プロレスラーがフェラーリに乗る理由

― しかしゲームとフェラーリって、こうしてみると対極ですよね。

オカダ どちらも父親の影響かもしれないですね。父親が車好きでフェラーリを1台持っていましたし、それは後に手放したんですけど、自分がフェラーリを持つきっかけになりました。プロ野球選手がカッコいい車で球場入りするように、僕もこの車で会場入りしてカッコいいなって子どもに思ってもらいたい、という気持ちで選んだのもあります。

― 車と一緒にいろんな現場に出かけたりすると、声をかけられることも多いのでは?

オカダ やっぱり言われますね。地方に行ってもフェラーリのことをよく聞かれるんですけど、そんなに車の知識がないので「何CCなの?」と言われても「ちょっと待ってください」みたいな(笑)。

― 見た目の部分が大きいんですね。

オカダ だから、いかにもフェラーリっていう感じの赤にしたのもあります。内装も全部決めたんですけど、普通のフェラーリでいいですって(笑)。

― フェラーリだと気持ち的にも違いますか?

オカダ 違いますね。見られ方も気持ち的にも違います。どうしてフェラーリに乗るかと言ったら、自分が好きなのもそうだし、子どもに夢を与えたいのもそうだし、あとはプロレス界の代表としてプロレスラーのすごさを伝えていかなきゃいけない。そう考えたとき、自分自身しっかりしなきゃいけないんだなって気にさせてもらえるからです。楽しさだけじゃない部分もあります。

― プロレス界を背負っていくんだという自覚が強い今だからこそ、オカダさんが乗るべくして乗ったとも言えますね。

オカダ 僕は釣りが好きでよくバス釣りに行くんですけど、さすがにフェラーリでは行けないので(笑)、釣り道具を乗せられるような車もいいなと思ったんですけど、やっぱりプロレスラーであることを考えたらフェラーリだなって思って乗ってます。

― チャンピオンがフェラーリに乗るとか、高い時計を身につけるとか、そういう分かりやすさは周囲にアピールするという点で大切だと思うのですが、オカダさんが考える王者の資質ってどういうものでしょうか?

オカダ あらゆる意味でのカッコよさだと僕は思うんです。容姿、動作、発言、すべてが人を惹きつけるものじゃないとダメな気がしていて。第三者が「この人がチャンピオンです!」と言っても、ダラダラのTシャツを着てボロボロのジーンズで、しかもサンダル履きだったりしたら誰もその人の試合に興味を持たないじゃないですか。例えば僕のことを知らない人に「彼はプロレスラーなんですよ」と紹介したら、多くの人は昔のプロレスラーのイメージとは違うねって感じると思うんです。巨漢で凶暴そうな人という昔のプロレスラーのイメージを、変えたいという気持ちが自分の中にあるんですよね。そういう意味で、カッコよさが必要なんです。

― カッコよさって意識しなくても出てくるものだったりしますよね。

オカダ 自分がチャンピオンなんだという気持ちの変化で醸し出される部分もあるのかもしれません。フェラーリを手にしたことで気持ちが引き締まって頑張ろうと思えるので、この買い物は意味あるものだったと思いますね。

チャンピオンとして「楽しむこと」を考える

― プレッシャーは楽しめるタイプですか? 1.4東京ドーム(WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム)では4年連続のメインイベントを飾ります。プロレスラーにとって東京ドームでメインイベントに立つというのは、まさしく夢の舞台でもあると思うのですが。

オカダ プレッシャーは楽しんでいますね。普段から何でも楽しもうとする気持ちの方が強いと思います。この前も、オーストラリアに日本からは新日本の選手として僕1人で行ったんですが、ちょっとワクワクしてしまって。ビザに不備があって入国できないとか、何かハプニングが起きないかなって。誰かと一緒にいるときだったら面倒だし大変だなって思うんですけど、1人だったら楽しめます(笑)。東京ドームでの試合に関しては、よくファンの方から「緊張しますか?」って言われるんですが、もちろん緊張がないわけじゃないけど、自分が求めていた憧れの舞台じゃないですか。その場所で試合ができるのにガチガチで臨む必要はないと思いますし、そこで試合をしたいからするわけで、楽しいことができるなら楽しまなきゃダメだよなって考えることの方が多いですね。

― その気持ちが空回りしちゃうことはないんですか?

オカダ いや、そもそも楽しもうと思っているから、もしダメだった場合でも「楽しかったからいいか!」って気持ちで終われている気がします。プロレスに関しては楽しいことしかないので。

― 自然体でいられる。

オカダ そうですね。周りに流されないってところがあると思います。頑固な部分もなんだかんだ残っていて、そこはちょっと曲げられないなっていう部分もある気がします。試合直前や試合中は楽しめないですけど、常に楽しむという姿勢でいれば、終わってみたら楽しかったって言えると思うんですよ。だから、自分が負けても楽しかった試合ってたくさんあるんです。僕が負けてお客さんが大喜びしている試合は、逆の見方をすればお客さんに認められている気がするんです。あのオカダを倒した! オカダが負けた!って。それでお客さんが興奮して立ち上がっている姿を見たら、自分も認められている気がするというか。3カウントが入っても、お客さんがワー!って熱狂しているシーンを見たら、勝負には負けたけど、これだけ盛り上がったから楽しかった、いい試合だったなって思えることもあります。もちろん勝った試合の方がうれしいですけど、楽しいっていう気持ちに勝った負けたはあまり関係ない気がしますね。だから、毎回楽しめているんだと思います。

― そういう感覚って、等身大のプロレスラーがさらに一つ上のレベルに行くには、必要なことなのかもしれませんね。

オカダ 楽しいを超えて、最近は”遊ぶ”という気持ちですから(笑)。遊ぶっていうのは究極のゴールかなと思えてきて。もちろん手を抜いているわけじゃないんですけど、そういう気持ちを持てるようになったら、仕事という意味ではゴールなんじゃないかなと。楽しいときもあるけど、つらいときもあって、そういう浮き沈みがあるなかで仕事をするのは当たり前のことですよね。でも、遊びながら仕事をして文句を言われない人ってなかなかいないじゃないですか(笑)。気持ち的にはそれがラクで、最高のゴールだと思います。

― そう考えると、新日本プロレスのマットは最高の遊び場であると言えますね。いろいろなタイプのレスラーがいますし。

オカダ そうですね。2017年もそれこそケニー(・オメガ)を倒したと思ったら、次から次へ名乗りを上げるレスラーが出てきたわけで、そういう意味でモチベーションは常に上がっていますね。対戦相手のこともそうですし、世間に対してどうやったらプロレスが盛り上がるだろうかとか、まだ足を運んでいない地方に行ってみたいとか、やりたいことはまだまだたくさんあるので、そういう要素もモチベーションにつながっています。

新日本プロレスが世界で評価されていることを実感している

― 11月にオーストラリアで行われたMCWへの参戦や、2017年はアメリカで『G1 SPECIAL in USA』がありましたけど、海外での新日本プロレスやオカダさんへの評価をオカダさん自身はどう感じていますか?

オカダ プロレスが盛んな国、アメリカやイギリスでもすごく盛り上がっていますし、新日本プロレスは認知されているなと思いましたね。オーストラリアにはすごく有名なプロレスラーがいるわけではなく、プロレスが盛んだとは聞いたことがなかったので、どうなるんだろうなと思っていて、前から行きたかったんですよ。新日本プロレスが知られていないなら、それはそれで面白いですし、知られていたらプロレス人気がどんなものなのか体感したかったので行きました。現地のお客さんの反応は、やっと本物のプロレスラーを見ることができたという感じでしたね。オーストラリアにもレスラーはいるんですけど、やっと世界のトップレスラーがやって来てくれた、それこそ神が来たみたいな(笑)。本当にすごい盛り上がりだったんです。オーストラリアのプロレスのレベルも分かりましたし、日本とオーストラリアの時差が2時間くらいなので、日本のファンと同じような環境で新日本プロレスワールド(インターネットの定額制公式動画サービス)をみんなが観ているんですよ。オーストラリアのプロレス熱を知って元気になりました。パワーをもらえたというか、希望じゃないですけど、試合だけでなく本当にいろいろなことを知ることができたいい遠征でした。

― アメリカでの評価はどうなんでしょうか?

オカダ アメリカでもイギリスでも、どこでもしっかりと評価されていると思いますよ。PWI(プロレスリング・イラストレーテッド)っていうアメリカのプロレス雑誌があって、毎年活躍した世界のレスラー500人を選出しているんですけど、そこで1位に選んでもらったり。それなりに評価してもらえている気がします。7月にロサンゼルスで行われた『G1 SPECIAL in USA』のときもそうでしたが、海外で試合をすると毎回”やっぱりプロレスっていいな”って思えるんですよ。パワーをもらって帰ってくるというか、疲れているはずなのに元気になって帰って来るイメージはあります。”誰だこのアジア人は”みたいな感じで見られてたらこうは思わないし、そうだとしても僕は次に来たときにもっと知らしめてやろうと思うんですけど、そういうことを抜きにしても新日本プロレスは今本当に盛り上がってると実感してます。

― 海外のファンの反応もあって、ビッグマッチの際はTwitterのトレンドワードに新日本プロレス絡みのキーワードがよく登場します。

オカダ 海外は朝のケースも多いから、みんな早起きだなって(笑)。でも実際、海外に行くとファンが多いんですよ。「そのTシャツどこで買ったの?」って聞いたら日本で買ったとか、新日本プロレスのウェブサイトで買ったとか、今度東京ドームに行くからっていう人がいたりとか、それくらい1.4東京ドームは世界中が注目しているとも言えますよね。

― 2017年の1.4のケニー戦も試合中、トレンドに入ってました。

オカダ 日本のプロ野球の優勝決定戦をアメリカの野球ファンが見るかといったら、それはあまり考えられないわけじゃないですか。プロレスってそういう意味では、すごくパワーを持っていると思いますね。だから新日本プロレスワールドの存在は本当にありがたいです。海外でもすぐに試合が見られるし、あれがなかったら僕たちが海外に行ってもそこまで知られていないと思います。

― オカダさんのファンや新日本プロレスのファンが海外に増えてきたということは、海外だとWWEの一強みたいなところがあるなかで、強力な後押しになりますね。

オカダ 同じプロレスとは言え、その2つの団体はまったくの別物だと思っています。音楽も一緒だと思うんですよね。ロックが好きっていう人もいれば、ヘヴィ・メタルが好きっていう人もいる。そういう違いでしかない。だけど結局は同じ土俵に立つライバルとして競い合って行けるんじゃないかなと。

― 分かりました。最後に1.4東京ドームに向けての意気込みをお願いします。

オカダ ビッグマッチの乗り越え方は分かっているので、いつもと変わらずに臨みたいと思います。タイトルマッチのときはルーティンがあって、前日はお風呂に浸かり、炭酸水を入れて、ピンクのパンツを履いて、当日はお昼に牛丼を食べて、決めた練習メニューをこなして、決めたサプリを飲んで、テーピングは左手から……というのがあるので。ただ、1.4は特別です。毎年1月3日にディファ有明で「大プロレス祭」があって、もう明日かぁって思いつつ、当日の会場の雰囲気を見ながら「これだよなぁ!」って感じながら試合をしています。新年の興行ですが、2017年の締めくくりという意味もあるので、いい終わり方をして、2018年はいいスタートを切りたいと思います。

※現在発売中のRolling Stone Japan vol.01ではオカダ・カズチカ選手の撮り下ろし写真多数掲載なので、そちらも要チェック!

オカダ・カズチカ
現IWGPヘビー級チャンピオン。中学卒業後、16歳のときにメキシコでデビュー。2007年に新日本プロレスに移籍。2012年1月4日東京ドームで行われた無期限海外遠征からの凱旋帰国マッチではYOSHI-HASHIに完勝を収め、同年2月12日、当時IWGPヘビー級王者だった棚橋弘至戦に勝利し、第57代IWGP王者となった。同年8月、『G1 CLIMAX』に初出場で初優勝。最年少優勝記録を更新する。16年6月19日大阪城ホール大会・IWGPヘビー級選手権試合では内藤哲也を破り、第65代IWGPヘビー級王者に。17年1月4日東京ドーム大会ではケニー・オメガと46分を超える圧倒的な試合で3度目の防衛に成功。恵まれた体格と甘いマスク、20代で数々のタイトルを総なめにしてきた揺るぎない実績で新日本プロレスで最も人気の高い選手の一人。ニックネーム”レインメーカー”とは「カネの雨を降らせる男」の意で、試合ではオリジナルのドル札が大量に舞う中をマネージャーの外道とともに入場する。

WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム
2018年1月4日(木)
東京ドーム
15:30開場 17:00試合開始
http://www.wrestlekingdom.jp/