いよいよ明日が「第68回NHK紅白歌合戦」本番という12月30日のNHKホール。前日に音合わせリハーサルを終えている松たか子が報道陣の前に姿を表した。2017年の松たか子は平成29年度後期 連続テレビ小説「わろてんか」の主題歌を担当しているため、注目度も一際高い。

前日のリハーサルでは『明日はどこから』の音合わせだけでなく、大規模なステージ転換まで入念にチェックしている様子だったが、本番でどのようなステージを魅せてくれるのか楽しみだ。

朝ドラ「わろてんか」主題歌に自身の曲が選ばれたことについて問われると「思っても見なかった。最終選考に残ってると聞いて、えっ!?てなりましたが、すごくいい経験をさせて頂きました」と語った。

また、18年ぶりという紅白出場に関しては、「母は出ないと思っていたので、“出るの!?”とビックリしてました」といったエピソードを披露し、気になる当日の衣装に関しては「赤です!」「お祭りですし、気持ちも上がりますし」とシンプルに断言。さらにサイズに関して巨大なものですかとの質問が入ると、「画面に収まる程度です」「そういうのは私の役目じゃないです」と記者団を“わらかす”ことも忘れなかった。

今回の紅白出演が“母も驚く”18年ぶり出演となる松たか子、記者団に語る意気込みから察するに…、次回の出演は近いものになる可能性が高い!?