夫をやる気にさせるために妻が行ったこととは?(写真:piyato / PIXTA)

【キーワード】ベーシック・インカム

すべての国民に対して生活に必要な最低限の金額を一律に支給する制度。貧困の撲滅、社会保障制度にかかる行政コストの削減等のメリットがある一方で、労働意欲の減退や巨額の財源をいかに確保するか等の問題点が指摘される。アメリカ・アラスカ州など地域レベルで導入している事例があり、フィンランドでは国家レベルでの導入実験が行われているが、2017年時点で本格導入している国はない。

【この小説のあらすじ】

ベーシック・インカムが導入され、国民であれば誰でも1人10万エンが支給されることになった。懸念された財源問題は税制の調整とヘリコプター・マネーにより解決された。小説家を目指す僕は、もうカネのために働く必要はないと喜び会社を辞めて作家業に専念したが、思うように筆が進まない。一方で妻は次から次へと習い事を始め、家計は危機に……。

仕事に興味がもてなかった日々

僕は大学3年のときに地方の文学賞を取り、漠然とではあるけれども、将来は小説家として生きていくことになるのだろうと思っていた。とはいえ、本が売れるようになるまでは小説家専業になるわけにもいかず、大学4年になると友人たちと同じように企業巡りをして、次の春に就職した。


4日連続でお届けするこの連載の一覧はこちら

会社勤めを始めた僕は毎日を悶々として過ごしていた。仕事に興味がもてなかったのだ。でも、働かなければ食べることができないから毎日会社に通った。就職して5年目には結婚し子どももできた。相変わらず月曜日から金曜日がつまらなくてしようがなかったが、会社にすがって生きていかなければならなかった。

ベーシック・インカムの制度が導入されたのは、そんな日々が続いていた就職して10年目のことだ。

当時野党だった労働党がベーシック・インカム導入を公約に掲げ、僅差で保守党を破り議会で過半数を取り、政権の座についた。そしてその2年後、この国の国民でありさえすれば誰でも一定の金銭が支給されることになった。

その金額は消費者物価指数に連動して改正され、今年は1人10万エン。制度導入と同時に生活保護も年金も失業保険も廃止された。それまでは高齢化による年金財政破綻の危機やら生活保護不正受給の問題やらが日々巷間で話題になっていたが、それらはきれいに解決された。

社会福祉を受けることは社会の落伍者とみなす風潮があったがそれも解消され、社会福祉にかかる莫大な行政コストも削減された。さらには、大人も子どもも同額の10万エンが支給されるため、シングルマザーの貧困問題がなくなり、出生率が上昇していまや2の大台に迫る勢いだ。

制度導入前には財源が大きな問題だった。人口1億2000万人に月10万エンを支給するとなれば年間144兆エンが必要となる。所得税の仕組みががらりと変えられ、控除は一切なく、所得に対して一律に35%が課税されることになった。

これにより所得税収は従来に比べ80兆エン強増えた。年金、生活保護、児童手当、雇用保険の全部または一部廃止や関連行政コスト削減などで40兆エンを超える支出が削減され、それでもまだ20兆エンほどが不足したが、政府はそれを新規の貨幣発行で賄った。

それでは1万エン札20億枚をヘリコプターからばらまくようなものだという批判がなされたが、当時この国は深刻なデフレーションに陥っており、中央銀行は毎年80兆エンものペースで貨幣供給量を増やしていた。その一部をベーシック・インカムにまわせばいいだけのことなのだ。

そのころ中央銀行は貨幣発行増加の方法の1つとして年に6兆エン上場株式投資信託を購入していたが、株価を吊り上げて実質的に資産家を優遇しているとの強い批判があった。しかしそれをやめてベーシック・インカムに置き換えることでそんな批判も消えた。低所得者に支給されたおカネは貯蓄されず消費されやすいのでデフレーションの問題も解消に向かった。

将来のインフレーションの心配をすべきとの声が増えていったが、20兆エンといえばこの国のGDPの4%ほどにすぎないので、物価上昇率が2%でGDPが2%程度の速度で成長すると考えれば、適度な貨幣供給量の増加ということができる。

僕はすぐに上司に辞表を提出した

ベーシック・インカム制度の導入が決まったとき、僕は飛び上がって喜んだ。これで会社を辞められる、好きなだけ書くことができる、ついに作家になることができる。そう思ったのだ。妻と子ども2人で家計としては月に40万エンがもらえる。ぜいたくをしなければ十分に暮らしていける額だ。

制度が公布され、僕はすぐに上司に辞表を提出した。

妻に会社を辞めると告げたのは辞表を出す前日の夜だった。妻は一瞬驚いた顔をしたけれども、月に40万エンが支給されるという話をしたら、「あなたがそう決めたのならば、いいんじゃないの」と、あっさりと同意してくれた。猛烈に怒るかもしれないと思っていた僕はひそかに安堵の吐息をついた。

そうして僕は小説を書き始めた。

朝から深夜まで書斎にこもり、ただひたすら書き続けていればよかった。大学を出てから10年間あこがれていた生活が始まったのだ。なにしろ10年間書きたくても書けなかったのだから、題材があり、話の筋もおおむね出来上がっている。すぐに長編2本を書き上げ、いくつかの短編も仕上げた。

やりたいことがあり、そのための時間もあり、暮らすためのおカネにも困らない。僕は幸せだった。

僕は妻に大仰に言った。

「才能ある人間が才能と関係のない仕事につかなければならない社会には大いなる無駄があるね。ベーシック・インカムのおかげでこの社会は大いに発展するよ」

妻は、「そうね」と、柳が風を受け流すようにほほ笑んだ。

ところが――

会社に勤めていた頃に考えた題材をすべて書き終えたとき、状況ががらりと変わった。書くものを思いつかないのだ。丸1日、1人の書斎でキーボードを一度もたたかずに、ただひたすら考え続けているということが増えた。ようやく題材を思いついても、なかなか筋が決まらない。筋が決まっても、話が全然膨らまない。

最初はいっときのスランプだと思い、じきに書けるようになるだろうと軽く考えていた。しかし状況はいつまで経っても改善されなかった。

机に向かって考えていてもだめだと思い、いろいろな分野の本を読みあさったり、映画やテレビドラマをジャンルを問わず見たりした。ウェブで興味のある単語のリンクを一日じゅうたどってみたりもした。しかし、だめだ。

「習い事を始めようかなと思って」

そんなある日の朝の食卓で妻が言った。

「わたし、昼に時間があるから、習い事を始めようかなと思って」

「習い事? 何をやりたいの」

「料理」

「それ、いくらくらいかかるの」

気になったのは、まずはおカネのことである。

「ネットで検索してみたら、ふつうは1時間あたり数千エンっていうところみたい」

「きみの料理、じゅうぶんうまいよ。別に料理教室なんかに行かなくたって――」

「いいじゃない。あなたももっとおいしいものを食べられるようになるんだし」

家計が不安だが、毎週通ったとしても月に1万エンにもならず、ならば家計が赤字になるほどのことではあるまい。自分は会社勤めを辞めてやりたいことをやっているのだから、妻がやりたいということに対してすげなく否と言うことはできまい。

「まあ、いいんじゃない」と、僕は無表情を装って、言った。

その1カ月後、昼食の食卓で妻が言った。

「もう1つ習い事をしたいんだけど、どうかな」

「え、また? な、なにを習いたいの」

「アロマテラピー」

「アロマテラピー? あの油のにおいをかいだりするやつ?」

「まあ、大雑把に言えばそうだけど、ストレス解消とかにいいのよ。あなたもストレス多そうだし、あなたのストレス解消のためにもなるわよ」

習い事を追加することこそがストレスの原因じゃないか、と思いつつも、それを顔に出してはいけない。

「そ、それで、いくらくらいかかるの」

「ふつう、1時間数千エンってところかな」

僕は、「い、いいんじゃない」と詰まりぎみに言った。家計は赤字になるかもしれない。でも、貯金を少々取り崩す程度で済むだろう。貯金が尽きるまでに売れる本を書けばいいのだ。

考えてみれば料理もアロマテラピーも、よりおいしいものを食べさせたいとか、ストレスを減らしてあげたいとか、スランプに苦しむ僕に対する優しさからなのかもしれない。その優しさを無下にしてはいけない、と僕は思った、のだけれども――

わが家の家計は遠くない将来破綻する

さらに1カ月後、夕食の食卓で妻が言った。

「あのね、習い事をもう1つやろうと思って」

「え、え、また?」

勘弁してくれよ、ということばが頭に浮かんだが、口に出すのはぐっとこらえた。

「なにを習いたいの」

「カービング」

「カ、カ、カ、カービング?」声が裏返ってしまった。「なんなの、それ」。

「彫刻ね。野菜とかフルーツとかせっけんとかをナイフでお花とかの形に削るのよ」

「そのカービングとやらは、いくらかかるの?」と、僕はおそるおそる訊いた。

「そうねぇ。1時間あたり数千エンってところでしょう。あっ、材料費は別ね」

僕は頭のなかで計算した。3つの習い事をそれぞれ週1回2時間ずつ通うとし、1時間あたり2000エンだとすれば月に約5万エン。それに材料費が加わる。

そんな状態が続けば、わが家の家計は遠くない将来破綻する。

僕は否の意を婉曲に言うことばを探した。

ところが妻は「ごちそうさま」といいながら食器を持って立ち上がり、キッチンへ消えてしまった。

家族が寝静まったあとのリビング・ルームで、僕は焼酎のお湯割りを傾けながら考えた。

ベーシック・インカムが導入されたとき、専業主婦である妻は、「家事も育児も結構たいへんだってことがついに評価されたのね」と喜んでいた。専業主婦のように、賃金をもらっていなくても社会に貢献する人の労働の対価がベーシック・インカムなのだと妻は考えたのだろう。

ベーシック・インカムは年金や生活保護などを廃止して導入されたのだから、当然に福祉の意味合いが強く、社会への貢献度合いとは無関係に支給されるものだ。とはいえ、家事や育児などで賃金を得ずとも社会に貢献している人たちへの社会からの報酬という側面もあろう。

僕のように、いまなにも生産しておらず、むしろ社会から持ち出しているような人間も、未来の社会貢献のための準備をしているから金銭を受け取っているということもできる。いわば社会からの投資であり、子どもに対するベーシック・インカムも同じ理屈で考えることもできるだろう。

なんのために税金が投入されているのか?

では妻の習い事はどうか。

料理やアロマテラピーなど、僕や子どもも恩恵を得られるものはまだしも、カービング? はたしてそれがなんの役に立つ。なんの役にも立たないことのために税金が投入されても、はたしていいのだろうか……

グラスが空になった。お湯を沸かすのが面倒なので焼酎をロックに切り替えてから、さらに考えようとした。

が、酔った頭では考えがまとまることもなく、いつの間にかに僕は眠りに落ちた。

翌朝、リビングのソファで目覚めた僕は、ぼんやりとした頭を小刻みに横に振り、「仕事を探そう」と、1人の部屋で声を出して言った。

やりたいとかやりたくないとか、そんなことを言ってはいられない。ともかくカネのために働くのだ。幸いにもベーシック・インカムが導入されて以来、汚いとか、きついとか、危険とか、そういう仕事をしようとする人が減ったので、選びさえしなければ職につくのは容易(たやす)かった。

とはいえ給与は安く、妻や子どもに余裕のある暮らしをさせるためには足りない。

ゆえに僕は小説を書き続けた。

なんとしても売れる本を書かねばならない。追い詰められているような気分で書いた。ここで負ければ命を落とす、それぐらいの気持ちだった。これほどまでに書くことに真剣になったことはいままでになかった。

そしてあるとき、僕は気づいた。書けるようになっているのだ。つい先日まではいくら考えても書けなかった。ところがいまは書くことが自然に湧いてくる。

書くべきことはそこかしこに転がっていた。通勤途上にも職場にも仕事帰りに立ち寄った酒場にも。それに夕食時。3つの習い事を掛け持つ妻がその日にあったことをあれこれ話すのだが、そこからヒントを得ることも少なくなかった。

僕はスランプを脱けた。

それから1年後、久しぶりに長編小説を書き上げた。この本はおもしろいと断言できる自信作である。

その日の夕食、わが家にしては値の張るワインで妻とささやかな祝杯をあげた。

ほおを赤らめ僕以上に上機嫌な妻が言った。

「お祝いに家族で旅行に行きましょうよ。ハワイがいいな。思いきって10日間くらい」

僕も笑顔で、「おいおい、うちにそんなおカネはないよ。仮に本が売れたとしても、印税が入るのはずっと先だし。気が早すぎるよ」と言った。

そしてちょっと上目づかいになって、「それにきみ。10日間って、習い事をいくつも休まなくちゃならなくなるよ」と、意地の悪い気持ちで言ってみた。

「いいの。習いごと、辞めるから」

「えっ、なにそれ」と驚くと、「いいのよ。大してやりたかったわけでもないし」と、妻は平然と言った。

「いや、いや、いや。僕はきみの習い事のために――」と、恩着せがましいことばを吐きそうになったが、中途でやめた。妻は構わずに、「よかったね。書けるようになって」と笑って言った。

ふつうは1時間数千エン

「うん。もしきみの習い事がなかったら、あのままだったかもしれない」

そういった僕はふと思いつき、「いや、ちょっと待て。きみはひょっとして、僕のために…」

妻は僕の言葉を遮って、「ね、ハワイにしましょうよ。久しぶりの家族旅行。楽しみ」と、はしゃいだ。

「だから、残念ながらいまはおカネがないよ。もう少し先にしようよ」

「あるわよ。おカネなら。大丈夫」

「いや、そんなはずは。わが家の貯金は1時間数千エンのきみの習い事によって…」僕は目を瞬いて、「まさか、習いごとに通っていたっていうのはうそなのか」

妻はにこりと笑い、こう言った。

「通っていたわよ。でも、1時間数千エンなんて払っていないわよ。近所の奥さんがボランティアで教えてくれているの。あなたが『いくらくらいかかるのか』って訊くから『ふつうは1時間数千エン』って答えたけど、それを払っているとは言わなかったわ」