井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…9月のTKOデビューで本場米国に衝撃

 2017年のスポーツ界を沸かせ、記憶に残った様々なシーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月にボクシングの井上尚弥(大橋)の「米衝撃TKOデビュー」だ。異国の地で6度目の防衛に成功した男を米メディアも「まさに『モンスター』の名の通りの結果だった」「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャー」と絶賛するなど、話題となった。

 日本が世界に誇る「The Monster」は、米国でも大きなインパクトを残した。

 9月9日(日本時間10日)に行われたボクシングのWBOスーパーフライ級タイトルマッチ12回戦(米カリフォルニア州)。井上は同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)相手に序盤から積極的にパンチを繰り出し、懸命にガードする相手を追いかけて終始攻め続けた。6回終了後に相手陣営が棄権。圧倒的な内容でV6を達成した。

 これには“敵地”の米メディアも反応した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「輝きを放つナオヤ・イノウエがアントニオ・ニエベスを退け、王座防衛」と速報。「世界スーパーフライ級王者のイノウエは、母国日本では『モンスター』というニックネームを与えられているが、彼のアメリカデビュー戦はまさにその名の通りの結果だった」と圧倒ぶりを絶賛していた。

 さらに、米ケーブルテレビHBOは公式ツイッターでボクシング解説者のマックス・ケラーマン氏のコメントを紹介。「この男を止めるには、規格外のファイターを連れてこないといけない」と称賛している。

対戦したニエベスも脱帽「彼はとても力強く、とても俊敏だった」

 米ボクシング雑誌「ザ・リング」公式サイトは、ニエベスのコメントを紹介する形で、完膚なきまでに打ちのめそうとしてくる井上に対して、“お手上げ状態”だったことを伝えている。

「彼はとても力強く、とても俊敏だった。同じコンビネーションを続けてきたが、とどまることがなかった。情け容赦なかった」

 また、同誌は「彼は素晴らしいアスリートであり、卓越したバランスと鋭い反射神経を備えている。俊敏で、正確なパンチを繰り出し、試合の流れをいかにコントロールするかも分かっている。力強さもあるが、決してワンパンチでKOを奪うタイプではない」と分析し、さらに24歳の天才ボクサーにこう賛辞を送った。

「間違いなくボクシング界屈指のボディパンチャーだろう」

 井上は12月30日、横浜文化体育館でWBO世界スーパーフライ級6位ヨアン・ボワイヨ(フランス)と7度目の防衛戦に臨む。この世界戦を同級でのラストマッチとし、1階級上のバンタム級転向も噂される井上。「The Monster」のサクセスストーリーは、次章に向けて大きく動き出そうとしている。(THE ANSWER編集部)