森田遥が平均パット数(合計)の1位に!(撮影:村上航)

写真拡大

鈴木愛の賞金女王、MVPの2冠達成で幕を閉じた2017年シーズン。各スタッツの1位になった選手を今季1年間、青木瀬令奈のキャディ、コーチを務めた大西翔太氏に解説してもらった。
【関連写真】ドレス姿だと誰だか分からない!?森田遥フォトギャラリー
【総パット数÷総ラウンド数※最初に球がパッティンググリーンに乗った後のストロークは全てパット数に数えるものとする。(パッティンググリーン上で救済した球がパッティンググリーン外でインプレーになった後のストロークも含む。)】である平均パット数(合計)の1位に輝いたのは今季初勝利を挙げた森田遥だった。
パターの上手さに加えて、グリーンを外した際のアプローチの上手さも求められるこの部門。2位に0.04もの差をつけて断然の1位となった森田のショートゲームの上手さを大西氏が解説する。
「森田さんはパッティングもアプローチも上手。特にアプローチはアドレスの時点で“入れてくるんじゃないか”という雰囲気が出ていますし、実際常にOKくらいに寄せています。アプローチのスタイルは同じくアプローチの上手な申ジエさんとは対照的にバリエーションというよりも自分の軸となるもので勝負するタイプ。基本的には変に上げたりせず、転がすことが多い。自分の武器をしっかり把握でいているから大きなミスがないんです。それが安定感につながっている」。引き出しの多さよりも軸となる武器で勝負。アマチュアも真似したいところだ。
もちろんパターの上手さも。「しっかりとパターの芯にヒットできるだけでなく、ボールの芯を捉えることができています。その為、常にボールの転がりがシンプルに綺麗で直進性があるんです。その転がりがあるから、どのグリーンにも対応できるんです。そうした上手さも、合計平均パット数にも結果として出ていますね。何よりもショートゲームの時に自信があるからか落ち着いて対処している印象を受けます。ショットが曲がったりしてゲームの流れが悪くなっても、グリーン周りで崩れない。だから賞金ランキング13位と年間を通じた活躍ができたのではないでしょうか」
なお、2016年の1位は姜秀衍(韓国)の27.8649。その秀衍は2017年も28.8413の2位。ベテランのスコアメイクの上手さが際立っている。
【2017年平均パット数(合計)ランキング】
1位:森田遥 28.8041
2位:姜秀衍 28.8413
3位:青木瀬令奈 28.9159
4位:古屋京子 28.9231
5位:全美貞 28.9255
【2016年平均パット数(合計)ランキング】
1位:姜秀衍 27.8649
2位:鈴木愛 28.3939
3位:森田遥 28.6486
4位:佐伯三貴 28.7910
5位:原江里菜 28.8454
解説・大西翔太(おおにし・しょうた)/1992年6月20日生まれ。名門・水城高校ゴルフ部出身。2015年より青木瀬令奈のキャディ兼コーチを務める。2016年にはキャディを務める傍らPGAティーチングプロ会員の資格を取得した。プロゴルファーの大西葵は実妹。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃスイング見聞】アジャストの上手さ際立つ森田遥 悪癖直ればさらに飛距離は伸びる
コースに合致した森田遥のスタイル “当たり前のこと”を当たり前にできる強さ【辻にぃ見聞】
「今はゴルフを頑張りたい」初優勝の森田遥 国籍選択については追々検討予定
森田遥が悲願の初栄冠!「悔しい経験が優勝につながった」
恐怖に打ち勝った結果が数字に 比嘉真美子がイーグル女王【翔太のスタッツNo.1】