アンディ・マレーとノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

臀部の故障から復活を期したマレーはエキシビションで初戦敗退

 男子テニス界は2017年、アンディ・マレーとノバク・ジョコビッチ(セルビア)の元世界ランク1位コンビをはじめ、錦織圭(日清食品)らを含めてトップランカーたちに故障離脱が相次いだ。スターの完全復活が待たれるなか、マレーはエキシビションのムバダラ・ワールド・テニス選手権で初戦敗退。ジョコビッチも肘の故障で棄権するなど、「BIG4」に暗雲が漂っている。

 世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)、同2位のロジャー・フェデラーと並び、BIG4の一角として君臨してきた2人の復活は、思い描いていたものとは異なる結果となった。

 臀部の故障から復帰を目指す世界ランク16位のマレーは、初戦で同20位のロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)と対戦。立ち上がりから4ゲームを連取され、その後は粘るも劣勢をはね返せず、2-6で黒星発進となった。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」英国版によれば、マレーは「試合が進むにつれて良い感触になってきた。出だしはスローな感覚だった。最後に少しだけ良い感じになったけれど、間違いなく向上の余地がある」と敗戦にも前向きな姿勢を示したという。

 それと同時に、右肘痛の再発で無念の棄権となったライバルについてもコメント。「ここ(アブダビ)にとどまって、みんなと数日間練習する予定だ。ノバクがプレーできなくなってしまったことは不運だ」と想いを寄せた。

ジョコビッチは年明けのグランドスラム初戦に出場できるのか

 今年7月のウィンブルドン準々決勝を右肘痛の悪化で棄権し、残りのシーズンは治療に専念してきたジョコビッチ。肘の故障によるムバダラ・ワールド・テニス選手権の棄権は自身の公式サイトを通しても発表され、無念の心の内を綴っている。

「私はムバダラ・ワールド・テニス選手権で棄権を余儀なくされることになり、ひどく落胆している。不運なことに、ここ数日間、肘に故障を感じていた。今日メディカルチームとのチェックの末に、リスクを冒さないようにアドバイスを受けた。大会を棄権し、即時治療を続けることが決まった」

 ESPNは「ノバク・ジョコビッチは長引く肘の故障で、全豪オープンに参加できるか不透明になった」と報道。かつての絶対王者が昨年8月の全米オープンに続き、新シーズン最初のグランドスラムを欠場する可能性を指摘している。

 右手首を痛め、シーズン後半戦をリハビリにあてた錦織も年始のブリスベン国際欠場を発表。スタン・ワウリンカ(スイス)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)も故障からの復活を目指しているが、テニス界を彩るスターたちが完全復活を果たすにはもう少し時間が必要そうだ。(THE ANSWER編集部)