16日、中国のポータルサイト・今日頭条に日本の学校給食を紹介する記事が掲載された。資料写真。

写真拡大

2017年12月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に日本の学校給食を紹介する記事が掲載された。記事は日本の給食で見られる光景を指し、「中国の上の人たちにこれができるだろうか?」と問い掛けている。

記事はまず、「学校の食堂は中国の児童や学生たちが食事を取るのに一番避けたいと思う場所」と指摘し、これに続けて日本の小学校の給食風景を「壮観で和やか」という表現を使って紹介する。ここでは教師が児童らと一緒に教室で給食を食べるということがつづられており、「食べ始める前に『いただきます』とあいさつし、教師が食べるのを見て子どもたちもこれに続く」「さらには校長が一緒に給食を取ることも。教師や親は楽しそうに食べる子どもたちを見てほっとした気持ちになるのだ」と説明している。

記事によると、「このようなシーンが中国で見られるだろうか?」との質問に、あるネットユーザーは「中国では無理!教師は教師用の食堂で食事をし、子どもたちはひどい料理を食べている。教師が子どもたちと一緒に昼食を食べることを上の人たちは考えてみるべき」とのコメントを寄せたそうだ。(翻訳・編集/野谷)