第1回マイショップ発見ツアーのポスター(早稲田大発表資料より)

写真拡大

 早稲田大大学院創造理工学研究科は、菱山研究室が開発した街歩きナビゲーションのためのアプリ「ワセナビ」を東京都新宿区にある戸山地域商店街の活性化に活用を始めた。新宿区の2017年度商店街補助事業に採択され、「第1回マイショップ発見ツアー」を展開している。

【こちらも】「軽トラ市」に見る地域活性化、地域再生のカギは思わぬところに

 ワセナビはスマートフォンで利用できる街歩きナビゲーションのためのアプリで、電子コンパス、クイズ出題、ランキング、バッジ獲得などの機能を備えている。これまでは早稲田祭など学内イベントの案内や学内文化施設、記念モニュメントの紹介に利用されてきた。

 学外では「まちナビ」の名前で活用され、京都市では潜在的な観光資源の発掘、伝統産業の振興を目的とする街歩きアプリとして好評を博した。

 戸山地域では明和会、戸山ハイツ西通り商店会の両商店街を舞台に、アプリの利用者を商店街に誘導するとともに、購買を促している。さらに、来店チェックインとクイズでポイントを貯められるようにし、各店を巡って一定のポイントを貯めた利用者に商店街の中に限って利用できる商品券を発行している。

 各店で発行されるポイントの設定には、早稲田大大学院創造理工学研究科の大学院生による事前の調査、検討結果を生かし、アプリの誘導効果が最大限に発揮できるように工夫している。

 まちナビを通じて商店街は新たな来訪者を発掘できるほか、来訪者のまちナビ利用データを分析し、今後のマーケティングに活用できる。来訪者は商店街の潜在的な魅力を発見するきっかけになる。早大の学生や教職員はなじみの店を見つけ、地域とのつながりを築けるメリットがあるという。

 明和会は1950年に発足した老舗商店街で、新宿区内で初めて電柱を地下に埋設した。戸山ハイツ西通り商店会は1973年、平屋住宅が高層団地に切り替わったのを機に団地1階に店舗が開設されて発足した。一時は34店が営業し、団地内外の消費者から支持されたが、近年は閉店する店舗が相次いでいる。