LINE Payによる支払いのイメージ。(画像: LINE Payの発表資料より)

写真拡大

 LINE Payは27日、ファッションブランド「ANAP(アナップ)」の店舗に置いて「LINE Pay(ライン・ペイ)」での支払いを導入すると発表、29日より実店舗にて決済対応をスタートした。LINE Payがアパレルの実店舗に導入されるのは、今回が初という。

【こちらも】LINE Pay、じぶん銀行と提携 ネット銀行とは初 スマホ操作だけで入金

 LINE Payはスマートフォンを利用した決済サービスで、東京都にある「ANAP原宿竹下通り店」、「ANAPガール原宿竹下通り店」、「anap mimpi原宿竹下通り店」、「CHILLE原宿竹下通り店」にまずは導入される。

●ファッション店舗でLINE Pay決済

 ANAPは、10代や20代の女性向けに販売されているファッションブランドだ。その店舗で、LINEが開発したLINE Payが導入される。

 チャットアプリであるLINEアプリをスマートフォンで立ち上げ、LINE PayのバーコードやQRコードを表示させると、レジでの決済の際に簡単に読み込むことができる。LINE Payを利用するには、登録作業と現金ジャージを事前に行う必要がある。

● LINE Payの店舗での使い方

 LINE Payを店舗で使うには、まずスマートフォンでLINEアプリを開き、「その他」の中にあるLINE Payを選択する。その後、パスワードを入れるとLINE Pay用のQRコードやバーコードが表示される。

 店舗の商品を購入する際に、店舗スタッフにレジにてそのQRコードやバーコードを見せると、スタッフが決済作業をおこなう。決済が終わりレシートが発行されるとLINEアプリに清算終了メッセージが届く、という手続きの順番となる。

● LINE、LINE Pay、ANAPとは?

 LINEは、スマートフォンのチャットアプリを開発する企業だ。LINEアプリは、国内で多く利用されており現在では必須のデジタルコミニケーションツールとなっている。LINE Payは東京都新宿区に本社を置くLINEの関連企業だ。2014年5月にスタートしデジタル決済システムなどを開発している。

 ANAPは、東京都渋谷区に本社を置くアパレル企業だ。1994年にスタートしており国内で約40店舗を展開している。