早いもので、1年も残りわずかです。来年を今年以上に素敵な年にする為には、年末に自身を振り返ることが大切です。また、1年のスタート時には反省点を踏まえた上で目標を具体的に出しておくと良いでしょう。

今回は、年末年始にやっておきたい「ひとり反省会」の方法をお伝えしたいと思います。

日記や手帳、ブログ(なければFacebookやインスタグラムなどのSNS)を読み返す

自身の1年間を振り返る方法として、最適なのは日記・手帳・ブログを読み返すことです。この1年間何があって、どんな気持ちで過ごしてきたのかを振り返ることで「今年は、こんな風に考えていたから失敗したのかな」「かなりアグレッシブに頑張ってきたから、きっと今上手くいっているのかも」といった形で自分自身を客観視することが出来ます。

また、手帳を持っている人は多いかもしれませんが、日記やブログを持っている人は少ないかもしれません。しかし、FacebookやインスタグラムなどのSNSアカウントを持っている人は多いのではないでしょうか?SNSを振り返るだけでも、この1年自分がどんな過ごし方をして何を思ってきたのかを振り返ることが出来ます。SNSがないなら、撮影した写真を収めたアルバムを振り返るだけでも良いでしょう。

今年のインスタグラムを振り返るだけでも、今年何処に行って何を食べたのかを振り返ることもできます。

また、上記の文章を読んで「来年は、日記・ブログを書いてみようかな」と思った人は是非始めてみて下さい。振り返って読み返すことで、自分を客観視することが出来るのできっと毎日を過ごすことが楽しくなると思いますよ。

今まで読んだことが無いジャンルの本を読む

本を読むことで、新しい知識を知ったり視野を広げることが出来ます。今まで本を読む時間が無かった方も、年末年始の休暇では是非1冊本を読んでみて下さい。自己啓発系でも、小説でもなんでも構いません。

最近読んだ&改めて読み返している本です。

今まで読んだことがないようなジャンルの本を読んでみるのも良いし、また今まで読んだ本を改めて読み直してみるのも良いかもしれません。以前読んだ時とは、また違った発見があるかもしれません。

「今年の自分は何をやって何を思ったか」「来年やりたいこと」を具体的にノートに書き出してみる

今年の自分は何をやって何を思ったのか、どんなことを頑張ってきたのか……。今年の自分を出来る限り1枚の紙に、ブワーッと書き出してみて下さい。

1年間を振り返ることは大切ですよ!

そして、書き出した項目について「自分は何を感じたのか」を書いてください。そして、「感じたこと」を書いたら次は「来年はどうしたいのか?」といった風に少しずつ広げていって、来年度の目標を具体的に決められるようにして下さい。

来年度が始まったら、この反省点を元に「具体的に目標を書いてみる」ことをしてみてください。きっと、昨年よりもより具体的な目標ができて、より有意義な時間を過ごせると思います。

普段はなかなか時間がなくて諦めていたことも、年末年始のお正月休みの時期に是非チャレンジしてみてくださいね!