今年のモヤモヤを今年のうちに!2018年をハッピーに迎えられる気持ちのおそうじ

写真拡大 (全3枚)

部屋の大掃除は終わりましたか? 部屋だけじゃなくて、時には気持ちの整理整頓も必要。2018年をより楽しく過ごせるように、精神科医の名越先生が喜怒哀楽の感情表現法を伝授! 自分の感情を素直に出すことがモテ女への近道ですよっ♪

Q純粋な感情を出すのってどうしたらいい?

怒りが他の感情を邪魔している!

名越先生曰く、自分の感情は狢梢有瓩世筏い鼎、他人が自分の感情を暴走させないように、客観的にコントロールする術を身につけることが大切、とのこと。その方法として、まずは喜怒哀楽の中でも狹椨瓩肪輒椶垢詆要があるそう。

「怒りは、感情の中でも一番インパクトが強いもの。人を優に支配し、時に言動を暴走させてしまいます。怒りが根底にあると、喜、哀、楽といった他の感情が曇るという影響もあります。たとえば、彼に誕生日プレゼントをもらっても、『ホワイトデーのお返しはくれてないのに!』なんて怒りがわだかまりとして心の片隅にある場合は、その気持ちが邪魔をして素直に喜べないんです」

猥轤廚垢襪海鉢瓩感情のコントロールにつながる

「カッとなった時は、『私は今、怒っている』『怒りの感情に支配されている』と気づきましょう。そして、その瞬間に、ふーっと息を吐くこと。できれば15秒くらいかけて吐ききり、すっと息を吸い込みます。これを3回程度繰り返すと、意外にパッと視界が開けて、冷静さを取り戻せるんです。こうして要所で怒りをコントロールしていくと、怒りの沸点自体が上がっていきますよ」

このように怒りをコントロールしていくうちに、怒ったとしても他の感情が混ざっていない狃秧茲陛椶雖瓩砲覆襪里世箸!

「人間なので、怒りが全部なくなるわけではありません。ただ、声を荒げたりせず、怒りの理由を平静に伝えるなど、サバサバとした対応ができるようになります。これなら自分はもちろん、相手のストレスにもならないはずです」

純粋な感情が、自然とあふれる!

「怒りさえ払ってしまえば、純粋に喜べるし、悲しめるし、楽しめる。感情をどう出したらいいの?なんて考えなくて大丈夫なんです。怒りがあるうちは、たとえば単なる悲しみも、『あの人のせい』など粘着質になりがちですが、怒りがなければすぐに冷めます。喜怒哀楽が、健全に表現できるようになるんです」

NEXT:SNSのイイネを気にする人必見!

モヤモヤとおさらば!心のお悩み相談室

友達と話したり、SNSを見ている時についモヤモヤとしちゃうことありますよね?そんなリアルな読者のお悩みに名越先生がアドバイス! 無理に感情を抑える必要はありません!

Q喜怒哀楽の表現がうまくできなくて、八方美人のように思われてしまいます。

サプライズされて嬉しくても、表情に出にくいのか相手に伝わりません。結婚式などでみんなが感極まって泣いていても、どこか冷静になってしまい涙が出ません。明るくしようと笑顔でフォローすればするほど、「無理してない?」と言われてしまうことも…。(M.S.さん)

A気づかぬうちに負った心の傷はないか、思い出を振り返ろう。

まずは、気持ちの奥底に潜む怒りを取り除くという基本メソッドを実践してみてください。

こういう方の中には、思春期までの間に、とても寂しい思いをしたとか、感情表現をしたらすごく叱られた、などの経験をされた方もおられます。ある種のトラウマと言えるので、それを和らげるためにカウンセリングを受けたり、解説本を読むのもひとつの手。

そこまで深刻ではないなら、自分の欠点よりも長所に目を向けてください。感情表現が苦手というのは、聞き上手の裏返し。相手の話にじっくり耳を傾ける習慣をつけることで、自然と心が動き、感情も出せるようになるでしょう。

Q友達の幸せを素直に喜べません。

結婚や、交際が順調なことを報告してくれる友達に対して、複雑な感情を抱いてしまいます。いつでも自分と他人を比べてしまう自分が嫌になります。(E.A.さん)

A無理に喜ぼう、いい人でいようと思わなくていいんです。

周りと自分を比べてしまうということは、自分の現状に満足していなくて、相手にジェラシーを感じている可能性があります。そうであるなら、まずは、その素直な感情を認めてしまいましょう。

嫉妬は決して悪いことではありません。誰にでもある感情なので、そういう意味では必要以上に気にしないことです。

それよりも、自分に諦めていないか、気をつけることです。嫉妬してしまうのは人の心の常。その嫉妬のエネルギーをバネに、自分が成長・進化するように日々勉強したり、磨いたりすることに集中するべきだと思います。

QSNSで「いいね」やコメントがついたか気にしてしまいます。

ツイッターやインスタグラムを何度も確認しては閉じて、の繰り返し…。楽しいし、やめたくはないのですが、疲れてしまいます。(A.S.さん)

A身体を動かす習い事に集中して、強制的に情報をシャットアウト!

ちょっと寂しがり屋なのかもしれませんね。寂しさを埋める代わりに、SNSに依存してしまっているようです。でもそれは、自分の大切な時間を漫然と他人にあげてしまっているようなもの。それをやめたいなら、その時間を別の楽しいことで埋めましょう。

おすすめは、何か習い事をすること。お稽古中はスマホを操作できないので、SNSから離れる練習にもなりますよ。

特に身体を動かすと感情が発散できるので、ヨガやジム通い、ダンスなどがいいですね。ただ、くれぐれも習い事の仲間で、SNSのグループを作らないように。それでは本末転倒ですからね(笑)。

スッキリと気持ちを表現できた方が、自分はもちろん周りもハッピーになるはず! たくさん笑って泣いて時には怒って、2018年を素敵な1年にしていきましょ〜。

教えてくれたのは
名越康文先生

精神科医。専門は思春期精神医学、精神療法。テレビ・ラジオでコメンテーターとしても活躍中。