ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

故障に苦しんだ18か月間は「ローラーコースターのようだった」

 男子テニスの元世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は6月のウィンブルドン準々決勝トマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦で持病の右肘痛が悪化。今季残りシーズンの欠場を余儀なくされた。2018年に復活を期すかつての絶対王者は、キャリア初の大怪我から多くを学んだという。米テレビ局「FOXスポーツ」電子版が報じている。

「この問題で1年半の間は、個人的に本当にローラーコースターのようだったんだ。人生で手術をしたこともない。ここまでの長い間、ツアーから離れる大怪我を一度もしたことがなかったんだ」

 記事によると、後半戦の欠場で世界ランクを直近10年で最低の12位まで下げることになったジョコビッチはこう語った。16年には左手首の故障に苦しんだ30歳だが、右肘の持病は18か月間も悩まされていたという。後半戦離脱に伴い、全米オープンも欠場。それは、苦渋の決断だったという。

「僕はキャリアでグランドスラムを一度も休んだことはなかった。大きな決断だった。あれ以上、プレーすることはできなかったので、他に選択肢はなかった。自分の腕も上げられないのだから、おしまいだった」

 ジョコビッチは痛みに耐え続けた結果、今季のタイトルは1月のカタール・オープンのみ。苦しいリハビリの日々にスーパースターは、あることを学んだという。

大怪我と無縁だったセルビアの天才が得た教訓は…自分の体に「正直になること」

「僕は教訓を得ることができた。こんなことが起きた後、自分のキャリアでもうここまで怪我の重症度を進めるようなことは本当に避けたいと思った。本当に偉大な教訓は正直になること。ここまで長く離脱することは自分にとっては簡単ではないんだよ」

 自分の体が訴える痛みのサインから目を背け続けた結果、初の四大大会欠場に加え、長期離脱という代償を払うことになった。ベテランの域に差しかかったジョコビッチは、肉体と正直に向き合うことを大きな教訓として得たようだ。

「大会に戻ることが待ちきれないよ。だけど、自分にとっては(リハビリ期間が)偉大な経験になった。大怪我をしないことに自分はあまりにも慣れすぎていたから、いずれにしろ必要な経験だったんだよ」

 グランドスラム12勝を挙げた輝かしいキャリアで、最大の苦しみから糧を手に入れたジョコビッチ。出場を予定していた28日開幕のムバダラ・ワールド・テニス選手権(アブダビ)は肘痛の再発で初戦を棄権する決断を下したが、自身の公式サイトで「僕は全てを受け入れる必要がある。完全復活で帰還し、再びテニスを始めるためだ」と前を向く声明を発表した。セルビアの天才は、2018年の逆襲に向けて決意を新たにしている。(THE ANSWER編集部)