アイドルの私物を舐めるイジリー岡田、ドラマでも実力発揮

写真拡大

お笑いタレントのイジリー岡田が、テレビ東京系にて1月2日(火)21時より放送される新春ドラマ特別企画『三匹のおっさんスペシャル』に出演することがわかった。

2014年1月、2015年4月、2017年1月と3シーズンにわたって連続ドラマとして放送され、幅広い世代から支持を得た本作。元悪ガキ三人で結成した私設自警団「三匹のおっさん」が町内の悪を成敗する痛快ドラマで、北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎の三人が、還暦を過ぎた“おっさん”を演じ、個性際立つコミカルな演技と絶妙なコンビネーションで人気を博した。今回のスペシャルでは、三匹のおっさんが映画の撮影現場でスター女優・花沢ゆかい(檀れい)に出会ったことなどをきっかけに、町の映画館「ひかり座」を悪の手から守ろうと立ち上がる。

イジリー岡田が演じるのは、ゆかりのバッグを盗む犯人・小西役。盗むところを“三匹のおっさん”に目撃され、成敗されるという役どころだ。演じてみて、「普段からアイドルの楽屋に潜入して私物を舐めるという仕事をしているので、役作りは自然にできました(笑) スタッフの方から盗みの際の手が早いと絶賛されました」と、自身にぴったりな役だったと自賛。また、イジリー岡田の両親が本作のファンだとも明かし、「(出演して)“親孝行出来たな〜”とすごく嬉しかったです。報告したらすごく喜んでくれました!」と笑顔を見せた。

“三匹のおっさん”との共演については、「本番直前に立ち位置でスタンバイしていたら、急に後ろから腕を組まれ、振り向いたら北大路さんでした! “何歳なの?”と聞かれ、“53歳です”と答えると“若いね〜”と優しくお声をかけていただき、感動いたしました。多分僕の緊張をほぐしにわざわざ来ていただけたのだと思います。泉谷さんには、アクションシーンの際、“怪我しないようにね! 新婚なんだから!”と遠くからお声をかけていただき、収録終わりでご挨拶に伺った際には“ご結婚おめでとうございます”とお言葉をいただき大変感動いたしました」と撮影裏話を披露し、「本当にこの日は最高の現場で、携帯に日記が残されています。本当にありがとうございました」と喜んでいた。