【第68回NHK紅白歌合戦、30日、リハーサル2日目、NHKホール】24度目の出場となるTOKIOは「AMBITIOUS JAPAN!」を歌う。この日、後半戦のリハーサルがおこなわれ、TOKIOも登場した。

 ステージに登場する前の二宮和也とのトーク。淡々と進んでいき、いざ、ステージに移動する場面。メンバーが早々に移動する中、国分太一はその場に止まり、茶目っ気に走るポーズを決める。そんな姿に、二宮が突っ込むように笑みで手を振った。

 いざ始まったTOKIOのパフォーマンス。マーシャルアンプと、そしてカルテットとブラスセクションをバックに弾くメンバー。マイクスタンドに覆いかぶさるように歌う長瀬智也。本番さながらの声量でさすがの存在感をみせつけた。

 ちなみに、遠目だったためモデルまでは正しく確認できなかったが、長瀬が使用していたギターはギブソン、リーダーの城島茂はポールリードスミス、山口達也はフェンダーのベースと思われる。また、城島が使っていたアンプはマーシャルのJCM900、山口はアンペグのSVT-2PRO、長瀬はマーシャルのJCM2000だった。【木村陽仁】