天ぷらに注目した1年。グルメな編集者の記憶に残った店はどこ?

写真拡大 (全5枚)

食べログマガジンのグルメな執筆陣が教える「2017年の感動レストラン」。今回は、「食べログ グルメ著名人」であり、数々のグルメ本を仕掛けた出版界の食通が登場します。

【2017年の感動レストラン】グルメな編集者 柏原光太郎編


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣に、今年一番印象に残ったレストランについて質問!

今回は、出版界を代表する食通であり、「食べログ グルメ著名人」でもある柏原光太郎さんにお答えいただきました。

◇プロフィール

柏原光太郎

日本ガストロノミー研究会会長。大学卒業後、出版社に勤務し、グルメ本を手がけたことで食の奥深さに目覚める。料理は作ることも食べることも大好きで、中学生の娘の毎日の弁当と朝ごはん、週末の家ごはんを作っている。料理好きのための食の発信基地としての役割を担うべく2017年12月社団法人「日本ガストロノミー研究会」を設立。2018年から『食べログマガジン』で新連載スタート!

Q 2017年一番印象に残ったレストランはどこですか?


出典:た☆か★しさん

出典:にょにょ333さん

A 銀座「天ぷら 山の上GINZA」。


 

2017年は天ぷらを中心に食べこんだが、舞茸の芯の天ぷら、間引き人参の天ぷらなど、こちらの寺岡料理長の天ぷらが私にとっていろいろ気付きを与えてくれた。


 

Q  印象に残った料理は?


『喜記」出典:お店から

A 銀座「喜記」の大海老のチリガーリック炒め。


1990年代に毎年行っていた香港の味を久しぶりに堪能しました。

Q 2018年に行きたいレストランは?


「日本料理たかむら」出典:bottanさん

A 秋田「日本料理たかむら」


かつてよく行った目白「多古八」で修業した高村さんが、地方の食材をどう料理するのかを確かめてみたい


Q 2018年の気になるフードトレンドは?


A 中国の地方料理。


ここ数年増えてきており、またグレードアップしている中国地方料理を食べこみたい。
あとはポップアップレストランがこの先、どんな展開をしていくのかにも注目している。