SC軽井沢クラブにとって、2017年は豊穣の1年だったのではないか。

 2月に日本選手権(長野県・軽井沢)で歴代最高の5連覇を達成し、平昌五輪代表に内定すると、4月にカナダ・エドモントンで行なわれた世界選手権では7位ながらもオリンピックポイントを着実に加算。前回大会(4位)で得たポイントと合算して、日本カーリング男子20年ぶりの五輪出場を決めた。

 9月に五輪代表決定戦が組まれて慌しいオフとなった女子とは対照的に、5月から6月にかけて2カ月弱のオフをとって、7月上旬、新シーズンに向けて始動。シーズン前半のタスクとしては、11月のパシフィック・アジア・カーリング選手権(以下、PACC。オーストラリア)で3位以内に入って、2018年の世界選手権(アメリカ)の代表枠を獲得することに専念すればよかった。

 そこで、「いろいろと試せるシーズンだったので、昔からトライしたかった」と、スキップの両角友佑(もろずみ・ゆうすけ)が以前から温めていた、超長期遠征を敢行した。

 7月のアドヴィックスカップ(北海道・北見市)、8月のどうぎんクラシック(北海道・札幌市)と国内大会をこなしたあと、8月下旬にまずはアメリカに飛んで、ミネソタ州で行なわれたカーリング・ナイトインアメリカに出場。同大会で優勝して一時帰国すると、9月にはカナダ入りして7週間連続で同国内の各地を転戦した。

 その長期遠征で収穫は多かったが、決して順風満帆ではなかった。多くの大会に出て経験は積んだものの、7週間でクオリファイ(決勝トーナメント進出)はわずか1大会にとどまった。

「自分たちのカーリングでない週や、強く攻めにいかなかったゲームもあった」

 サードの清水徹郎はそう振り返ったが、それも長い遠征でさまざまなことを試した中のひとつだ。遠征序盤は戦術面において、彼らの身上である攻めのカーリングをあえて封印したゲームも少なくなかった。

 リードの両角公佑(もろずみ・こうすけ)が語る。

「今季は、JD(※日本カーリング協会専任のナショナルコーチ、リンド・ジェームス氏の愛称)と、入念なミーティングができたのがよかったですね。彼は『あくまでオプションだけど……』としっかり前置きしたうえで、『こんな戦術もあるんじゃないか。こんなショットセレクションはどうだろう』といった提案や意見を出してくれた。どれも非常にきちんとした意見なので、僕らも納得して、(長期遠征)序盤の数週間は攻めというよりも、手堅いカーリングを試みたんです」

 SC軽井沢はクラブ結成当時から、両角友が言う「リスクよりもその後のメリットを考えた(カーリング)、カナダ遠征で出会う強豪のような」スタイルにこだわって、見ていて面白い”攻めのカーリング”を旗印にしてきた。それを一度、この長期合宿で見直した。

 両角公は続ける。

「普段が7対3で攻めなら、その(遠征序盤の)ときは6対4、5対5くらい(の比率)だったかもしれません。それによって、ゲームの内容は向上したのですが、勝ち切れない部分も残った。ランキング下位のチームにはしっかり勝てるんですけど、格上のチームに番狂わせ的な勝利は望めない感覚に陥ったんです」

 歯車を噛み違えたチームは10月中旬、カナダ・ウィニペグでのカナダイン・クラシックで格下に連敗。ミーティングの時間を設けた。

「(今の戦い方は)あんまり俺らっぽくないかも」
「石を減らして、リスクばっかり考えている」
「(自分たちが)やりたいカーリングってなんだっけ」
「やっぱり面白いカーリングは、攻めなんじゃないか」

 セカンドの山口剛史が「今季は本当にコミュニケーションが増えた」と言っていたように、急遽設けたミーティングでもメンバー内で活発な意見が交わされ、SC軽井沢は再びオフェンスに重点を置いた戦術をとることを決断する。直後にチームは持ち直し、この大会で遠征初のクオリファイを果たした。

 ただし、両角公はここでの決断が単なる”原点回帰”ではないことを強調する。

「単純に『やっぱり俺たちは攻撃だね』という結論では決してなくて、守備的な戦術を経由できたことは大きなプラスです。五輪でも苦しい展開で耐えるエンドが絶対にある。そこは、リスクを減らすチョイスでもいいと思うし、そのオプションを手に入れただけでも、数週間(の時間を)かけた甲斐がある。今季のような長い遠征でないとできないトライでした」


長期遠征で一段とチーム力が増したSC軽井沢

 その後、SC軽井沢は11月にPACCで3位に入賞し、世界選手権の日本の出場枠を確保すると、カナダへとんぼ返り。さらにふたつのボンスピル(トーナメント)に出場し、いずれもクオリファイを決めた。

 遠征終盤でコンスタントに結果を残したあとは、帰国して12月の軽井沢国際(長野県・軽井沢)に出場。優勝という最高の結果を出して、2017年を締めくくった。そうして、選手それぞれが五輪に向けて充実したコメントを口にした。

「(軽井沢国際では)最高のパフォーマンスをできた。あとは1月に細かいミスを潰していければ」(両角友)

「(軽井沢国際で)こういう試合をできれば、オリンピックチームにも勝てるんだというのがわかった」(両角公)

「(軽井沢国際で優勝して)いい調子でオリンピックを迎えられそうだな、というイメージができた」(清水)

 このあと、彼らは2018年を迎える元日にスコットランドへ飛んで、メルキュール・パース・マスターズに挑む。これが五輪前最後の実戦となるが、不安はない。

 取り戻した攻撃的戦術で世界を驚かせる日は、刻一刻と近づいている。

■カーリング・冬季競技 記事一覧>>