西岡良仁インタビュー@後編


世界14位のベルディヒを破ったときの西岡良仁

 今年3月末、西岡良仁は前十字じん帯断裂の大ケガを負った。

 当時21歳。世界14位(当時)のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)をはじめ、多くのトップ選手を破る急成長の疾走のなかで遭遇した、本人いわく「完全な事故」であった。

「西岡良仁インタビュー@前編」はこちら>>>

 それから、9ヵ月――。手術とリハビリやトレーニングの日々を経て、復帰の日を数週間後に控えた若者は、今、何と戦い、いかなる想いを抱いて実戦のコートに立つ日へと向かっているのだろうか。胸のうちを語ってもらった。

―― まずは復帰戦のプランを教えてもらえますか?

西岡良仁(以下:西岡) オーストラリアのプレイフォード開催のチャレンジャー(ATPツアーの下部大会)に参加します。これが1月1日開幕で、その後はクーヨン開催のエキシビション大会に出てから、全豪オープンです。

―― 術後に通達された「心配なくテニスができるようになる日」が今ごろ(12月上旬)だったと思います。最近は試合形式で練習しているのですか?

西岡 そうですね。もうけっこう前から……11月の中旬ごろからフルでやっています。最初のうちは、どれくらいできるだろうと思ってたんですが、思った以上に恐怖心もなくて。むしろコーチたちから、『もう少し抑えて』と言われるくらい(笑)。筋力や爆発力の不足というのもないですね。たぶん動きだけなら、周りから見たらケガしていたというのは、ほとんどわからないと思います。

―― 恐怖心がないというのは、自分では意外でしたか?

西岡 どうですかね。単純にポイント(試合形式の練習)を始めたら負けたくなかったので、自然とボールを取りたくて走っちゃいました。それで無意識に一回スライディングしたら、できるなって思って怖くもなくなりました。

―― 対戦相手がいて駆け引きも必要になるポイント練習になったとき、試合感覚という意味では違和感はありませんでしたか?

西岡 いや、もう全然ダメでしたね、最初は……。本当に、ボールをどこに打ったらいいか全然わからなくて。

 ラリーはできるんですが、ポイントになったときに……練習でのラリーって、自分の打ちたいところに好きなだけ打てるじゃないですか? でも実戦では、強く打っているだけじゃ意味ないですよね。いろんなボールが来るし、相手と駆け引きしなくてはいけないし。そのときに、ボールの緩急がつけられなくなったんです。緩急がつけられないので、単調になって、どうしたらいいのかわからなくなって……。

―― 相手がいても、最初はクリーンヒットすることに意識が行き過ぎたのでしょうか?

西岡 そうですね。打つことだけを気にしすぎちゃって、逆にポイントを組み立てる感覚がなくて。たとえば相手にいいコースに打たれたとき、以前の自分だったら強引に打ち返さず、まずはニュートラル(五分の状態)に戻そうとしていたと思うんです。でも、そんなときでも無理に決めにいっちゃったり……。ケガする前だったら負けないような学生の子たちにやられたりして……イライラもありましたね。『マジか!?』って。

 最初はフラストレーションがすごかったですね。理想というか、自分のなかにあったいいときのイメージとは全然違うので。試合とかで負けたら、やっぱりムカつくこともあるでしょうね。今まで負けなかった相手に負けたりしたら、イラッとしちゃうと思います。

―― そんな自分に少し安心するところもあったりしませんか? 負けず嫌いなところは失ってないなって。

西岡 そうですね……トレーナーの浜浦(幸広)さんも言ってましたね。僕が少しイライラしているのを見て、『やっぱ変わんないな、久々にこういう良仁を見た』って。

 そこはやっぱ変わらないですね。根本的なところは負けず嫌いだし、僕はそこを中心にがんばってきたんで。そこは変わらないです。

    ◆    ◆    ◆

 西岡がコートを離れた約9ヵ月間とは、世界の男子テニス界で若手の台頭が目立った時期でもある。

 ATPツアーは数年前から未来のスターを発掘すべく、21歳以下の若手選手たちを「Next Gen(次世代)」と銘打ち、彼らを売り出すキャンペーンを行なってきた。さらに今年11月には、ミラノで21歳以下のトップ選手たちによる『Next Genツアーファイナルズ』を開催。初代王者の席には、西岡の友人でライバルでもある韓国のチョン・ヒョンが座した。

 昨年までは自身もその「次世代の担い手」として注目を集めてきた西岡は、かつての同期や、より若いライバルたちが躍進する様(さま)を、コートの外からどのような想いで見つめていたのだろう?

―― 今季は西岡さんと同期や、もっと若い選手たちの台頭も目立ちました。見ていて悔しさや焦りはありませんでしたか?

西岡 チョン・ヒョンのミラノ優勝は、純粋にすごいと思います。焦りはないですね、本当に彼がいい奴なので。僕らはコーチ同士も含めて仲いいし、大会で会ったら必ず一回は練習しますし。向こうにしても、同じアジア人がツアーにいることの安心感というか、話しやすいところもあったと思うんです。

 ツアー全体で見ても、若手、やっぱ強くなってますよね。「Next Gen」キャンペーンができて、僕も含めて若手がフィーチャーされて……。あれ、すごくよかったと思います。それまでは若手がなかなか勝てなかったのに、数人が活躍したら、またどんどん若手が出てきたので。

―― 西岡さん自身も、「Next Gen」の一員だったことはモチベーションになっていました?

西岡 ありましたね。やっぱり活躍したら、『Next Genの誰々がこれだけの結果を出した』みたいに大きく報じてもらえるじゃないですか? 僕も去年までは「日本から出てきた若手のスター選手」みたいに書いてもらえたし、他のメンバーには(ニック・)キリオスや(アレクサンダー・)ズベレフらもいた。あのなかに自分が入っていたことでモチベーションにもなったし、「こういう若手が日本にもいるんだ」と覚えてもらえたことはよかったと思います。

―― そしていよいよ、復帰の日が迫ってきました。今の率直な気持ちは?

西岡 どうなんですかね……まだ実感がなくて。このあと、まずは一度、合宿でタイに行くんです。チョン・ヒョンや台湾のルー・イェンスン、グルジアの(ティムラズ・)ガバシュビリら多くの選手が揃うので、いろんな選手と対戦形式で練習して、そこでどれくらいやれるかが見えてくると思います。

 海外に行くのは、ケガしてからほぼ初めてですね。一度だけ韓国に旅行で行っただけなので。だから、変な感じです。遠征って何を持っていくんだっけ……という感じで。忘れ物しないようにしないと(笑)。たぶん、パッキングに丸一日かかりますね!

    ◆    ◆    ◆

 ケガで戦線離脱して間もないころ、彼は「トップ選手に勝って活躍しているときだったので、ケガして逆に話題にもなったし、自分のなかにいいプレーのイメージも残っている。それもあって、いい形で戻れるんじゃないかと期待しているところもあるんです」と言った。

 その「いいイメージ」と現状の乖離(かいり)に苦しみながらも、彼はこの数ヵ月間、葛藤やもどかしさと向き合いながら、「あのときの自分」と今を重ねるべく、身体を押し上げ続けてきた。

 今、彼は「不安は大きい」と素直に認めながらも、実戦の場に戻ることが「楽しみ」だとも言った。

「必ず、手応えを掴んできたい」

 そう自らに誓い、久々の荷造りにもおそらく胸を高鳴らせながら、彼はふたたび”ツアー”へと旅立っていく――。

◆西岡良仁が「テニス以外の大切なこと」を語るインタビュー前編>>>

◆錦織圭、復帰に向けて。軽いラケット、柔らかいボールから>>>

■テニス 記事一覧>>