仕事納めのタイミングで発表された東京オートサロン2018のスズキの出展車両。その中にとても興味を誘うモデルがありました。参考出品車の「キャリイ フィッシングギア」です。

スズキによると、

大切な趣味の道具を荷台にも室内にも機能的に収納できる、キャビンを拡大したキャリイに、フィッシングポイントへたどり着く走破性をイメージしたデザインを採用し、趣味を満喫できるコンセプトモデル。

とのこと。プライベートユースを重視したキャリイっていうのも悪くないかも。写真を見る限りは、車高も上げてアクティブな雰囲気を演出しているように見えますね。

ところでこの車両で気になるのがキャビンの形状。市販のキャリイとは違うんですよ。

普通のキャリイと比べてみると、違いは一目瞭然ですね。「キャリイ フィッシングギア」は市販モデルに対してキャビンが後ろに長いのです。

でも、売ってないのにどこかでこういうキャリイを見たことがあるような、と思ったら……「キャリイ軽トラいちコンセプト」。

昨年秋の東京モーターショーに出品された車両で、こちらもキャビンが長くなっていました。ハイルーフになっているところまで同じですね。

実は、ピックアップトラックの世界では「キングキャブ」とか「エクテンドキャブ」と言われる、”シングルキャブ以上、ダブルキャブ未満”のタイプって割とメジャーなんですよね。たとえばトヨタ・ハイラックスも最大マーケットであるタイ仕様には用意があります。

居住性に優れると同時に、室内に荷物をたくさん置けるというのがメリット。

こうしてスズキが2回も連続でイベントにおいて市販車には非採用のキャブを参考出品するのは単なる偶然でしょうか? なんとなくそう片付けられない気がするんですけどね。発売を見込んだ壮大なプロモーションではないのか、と。

みなさんはどう思います?

ちなみに、「キャリイ」の「イ」は小さい「ィ」ではなく普通の「イ」。ここ試験で間違えやすいから覚えておいてくださいね。

(工藤貴宏)

延長キャビン追加の布石? スズキ・キャリイの東京オートサロン出展車両(http://clicccar.com/2017/12/30/544306/)