人間なら、誰もが何らかしらストレスを抱えているもの。日頃そんなに気にしていなくとも、蓄積されたストレスは、健康や幸福にも影響をもたらすもの。

ストレスを緩和する方法は瞑想、自然とのふれあい、睡眠をしっかり取るなど、いろいろあれど、<Good Housekeeping>によると、意外にも香りが効果的なのだとか。

「The Perfume Studio」の調香師のベン・ジャヌセックさんは、イギリスの新聞<デイリーメール>に対し、芳香心理学に基づいたプロセスに従うと、香りが脳に様々な影響を及ぼしてくれるとコメント。さらに、特定の香りは特定のストレスを緩和する効果があるという。

「芳香心理学とは、香りが人間の行動に及ぼす影響を研究する分野です。記憶による連想により、特定の香りを特定の感情と結びつけることができます」

「たとえば、あなたがバケーション中にもっともリラックスできたとします。そのときにあなたが嗅いだ香りを自宅で再現すれば、バケーション中に感じたようなリラックス感を呼び起こせるという理屈です」

そこで、様々なストレスを軽減する、ベンさんのおすすめの香りをご紹介します。

1.イランイラン

リラックス効果のあるイランイランは、口論を鎮めるのにぴったりだとか。「イランイランの花から作られた純粋なエッセンシャルオイルは動悸、不安、うつ、高血圧などの症状を緩和することが分かっています」とベンさんは解説。

2.ラベンダー

このうっとりさせる香りには情緒的なストレスを和らげ、神経を落ち着ける効果があるそう。ラベンダーのエッセンシャルオイルは、緊張、うつ、頭痛を改善する働きもするとか。また、寝室にこの香りを漂わせると、寝付きやすいというメリットも期待できるそう。

3.レモン

柑橘系の香りは仕事から来るストレスに抜群の効果があるそう。レモンをはじめとする柑橘系の香りは集中力を高め、心を落ち着かせてくれるとのこと。

4.草の香り

刈ったばかりの草の香りは、幸せに満ちた夏の日々を彷彿とさせるため、多くの人の間で人気だとか。草の香りは私たちをポジティブな気持ちにしてくれ、買い物などで体力を消耗してしまったら、この香りを嗅ぐといいそう。

5.ローズマリー

ローズマリーが癒し効果をもたらしてくれる。ローズマリーの香りは刺激性でもあるため、記憶力を高め、心身の疲れを軽減してくれるそう。

病院や薬に頼らずに自宅でリラックスできるのであれば、早速香りを有効活用したい!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Rubicon Solutions, Inc.

GOOD HOUSEKEEPING