話題を呼んだ静岡学園の“走らない”テクニカルなサッカー【写真:Getty Images】

写真拡大

1976年度決勝…静岡学園の“走らない”テクニカルなサッカーに対戦相手も驚きの声

「蹴るな、走るな、歩け!」――井田勝通(元静岡学園高校監督)

 全国高校サッカー選手権が首都圏開催に変わって、2017年度が42回目になる。それまで大阪開催では、やっと片側のスタンドが埋まるかどうかだったそうだが、1976年度は決勝戦の舞台が東京・国立競技場になり、いきなり満員の大観衆を集めた。

 大会を成功に導いた立役者は、最後に好対照でスリリングな試合を展開した2校。特に、初出場の静岡学園(静岡)のプレーぶりは斬新だった。

 1970年メキシコ・ワールドカップで優勝したブラジル代表に感銘を受けた井田勝通監督が、「あんなサッカーを日本の子供たちにもやらせてみたい」と、徹底してテクニックを磨かせ、ゆっくりとしたボール支配にこだわった。

 迎え撃ったのは名門・浦和南(埼玉)。大阪最後の大会も田嶋幸三(現・日本サッカー協会会長)を擁して優勝しており、スピードとテクニックを融合したオーソドックスなスタイルで連覇を目指していた。

 大会が幕を開けると、多彩なテクニックを駆使してボールを運ぶ静岡学園に、多くの選手たちが目を見張った。夏のインターハイを制していた帝京のゲームメーカーだった宮内聡も、足裏でボールを扱うテクニックなどとともに「いったい、こいつらどれだけ走らないんだ!」と驚きの声を挙げたという。

 決勝戦は序盤から浦和南が飛ばしてゴールを重ねた。浦和南を率いる松本暁司監督は、選手たちに指示した。

「いくらなんでも相手は遅すぎる。スピードで圧倒してしまうんだ」

 その通り、早々と3点を先行。初めての大観衆で過緊張の静岡学園は、ようやく1点を返して前半を折り返した。

のちにジーコも日本代表に提言「スピードを落としても正確にプレーすることが大切」

 だが、後半も浦和南が追加点を奪う。ここでテクニカルエリアに出てきた静岡学園の井田監督は、ピッチに向けて大声を張り上げた。

「蹴るな、走るな、歩け!」

 ここから静岡学園が本来のプレーを取り戻し、試合は終盤にかけて緊迫の度合いを増す。結局浦和南が5-4で制したが、静岡学園が提示したゆっくりとテクニカルに支配していくスタイルは、格好の議論のテーマを提供した。

「急いで走ればミスが出る。だから、あの指示を出した」

 井田監督は説明した。ちなみに数年後には、フラメンゴの一員として来日したジーコが「日本代表はもっとスピードを落としても正確にプレーすることが大切だ」とアドバイスを送っている。

 もちろん、静岡学園も時代の変化とともに様々なスピードを加え、磨きをかけていった。だが技術を大切にして、丁寧に崩す原点は変わらず、多くの名手を輩出し、ファンの共感も呼んだ。その後もテクニックをベースに戦うのは、日本サッカーの特徴としても定着した。

 皮肉なことに、それはデュエルと不確実なカウンターばかりに走る現在の日本代表にとっても、アンチテーゼになっているかもしれない。(加部究 / Kiwamu Kabe)

加部究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。