20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の企業で企画営業の仕事をしている奥田美佳さん(仮名・35歳)。肩まである黒髪はキッチリとまとめられ、黒のタートルネックに、ストレートのジーンズをきれいに着こなしています。全体的に華奢で、手首や足首などは折れそうに細く、色白な肌からかやや体が弱そうな第一印象でしたが、話す口調はややきつめではっきりしている物言いから、気の強そうな感じを受けました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と4歳下に妹がいる4人家族です。父親は建築関係の力仕事をしていて、母親は家の近くのスーパーに週に3回ほどパートに出ている兼業主婦です。地元は神奈川と言っても華やかな場所ではなく、住宅街でしかも治安が良くないと言われている地域だったんです。そのせいもあるのか、覚えていることと言えば、小さい頃はピアノと習字を習っていたんですが、いつも母親が迎えに来てくれていたことですね。母親はとにかく優しくて、父親は厳しかった記憶があります。父親は今は妹が結婚して孫ができたので、デレデレの優しいおじいちゃんになっていますけどね(笑)」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の時です。一緒にいたグループの女の子たちが結構ませている子たちで、みんな彼氏がいたんですよ。私はその当時好きな人もいなかったんですが、周りに私のことを気に入っている男子とくっつけられて付き合った感じです。彼は同じクラスメートの子で、顔はイケメンじゃないんですが、スポーツができて、雰囲気はカッコ良かったです。その人は男友達同士では強気な感じだったんですが、私の前ではすごく奥手で。中学時代の恋愛で付き合ったのは1年にも満たない感じだったんですが、手をつないだのも1回ぐらいでしたね。彼とは高校が離れてしまったので、そのまま自然消滅しました。初彼にカウントしていいのかわからない感じですが、昔の中学生の恋愛ってこんなもんですよね」

高校は部活一色、大学では浅い付き合いを繰り返す中、1人の男性に興味が湧いて

高校へ進学後は好きな人はできたものの、彼氏はできず……。

「高校時代は部活一筋だったんです。そういうことにしておいてもらいたいです(笑)。部活はバレー部でした。強豪ではなくて、ただ毎日楽しく部活をしていただけなんですけど、体を動かすことや、みんなで一緒に過ごすことが楽しかったんですよね。そのおかげで、どんどんたくましくなってしまって……。同じバレー部の男の先輩に憧れたりしていましたが、何もできないまま彼は卒業してしまい、同じクラスで仲良くなった男子はできてもそのままずっと友達のままでしたね。クラスの文化祭や体育祭後の打ち上げぐらいしか、男子と遊んだことがなかったですね……。まぁ、いい思い出として残っているのでいいんですけど(笑)」

その後、大学で出会った1人の男性に興味を持ち一緒に過ごす機会が増えていくにつれて意識するようになり、付き合い出したと言います。

「大学では新しい彼氏も何人かできたんですが、どれも長続きはしませんでした。そして、4年になった時に2年生の後輩に出会ったんです。彼は私の友達の高校の後輩だったみたいで、その友達との飲み会に参加してきました。第一印象は、どことなく田舎臭くて、ボソボソと聞き取りにくいしゃべり方やしっかりと目を見て話さないところなどがあって、最悪でした。ちょっとイライラさえしましたから。でもそこから何度かみんなで遊ぶうちに、興味を持ったんですよね。女性にもあまり興味がない感じだったので、彼が女性を好きになったらどうなるのかなって。当時は本当にただの興味のみで、その時私はすでに就職先が決まっていたので、暇だったんだと思います……。

そこからは2人でご飯を食べに行ったり、彼の家で朝まで一緒に過ごしたりしていました。でも彼は一切手を出してこなくて……。しびれを切らして、私から告白して付き合うことになりました。押し切った感じですね。私は最初に彼の服装を変えようと一緒に買い物に行き、美容院にも一緒について行って彼の髪型も指示していました。その後私は大学を卒業したんですが、彼との付き合いは続きました。就職してからは、彼に服やカバンなどを買い与えていました。彼はどんどん垢抜けていって、カッコ良くなりましたよ。もともと顔は、目鼻立ちのハッキリとしたイケメンだと思っていたので。しかし、私が変えた外見で中身が変わっていたなんて、仕事が忙しくてまったく気が付いていませんでしたね……」

彼の美容師さんと仲良くなるほど、彼の髪型の細部までチェックしていたと言います。

イケメンに育った彼を周りが放っておくわけがなかった!? 彼が違う女のアパートに消える姿を見ても何もできずに……。〜その2〜に続きます。