金メダルが期待されながらまさかの4位に終わったソチ五輪から4年。高梨沙羅(21)が悲願の金メダルを目指す。

 踏み切りで上体が浮き気味になる課題も冬季シーズン開幕時点で「しっかり修正できた」(高梨)。これまではさほどこだわっていなかったスキー板やブーツを特注するなど五輪に向けて抜かりはないが、今季はW杯開幕4大会で表彰台(3位)は2度と波に乗れていない。

 スポーツライターの高野祐太氏が言う。

「昨季新鋭が台頭し、世界のレベルが上がってきた。マーレン・ルンビ(23=ノルウェー)は昨季、初勝利を含む4勝を挙げ、今季も2勝を挙げている。爆発力が魅力で、不安定だった技術がハイレベルで安定してきた。開幕戦で2位だったカタリナ・アルトハウス(21=ドイツ)も昨季初勝利を挙げ、今季は2勝、2位2回。一皮むけた彼女は、身長171センチのルンビや開幕戦3位のカリーナ・フォクト(25=ドイツ)とは違い、157センチと小柄。アプローチの速度が速く、踏み切りのタイミングも抜群です。同じドイツのフォクトはソチ五輪金で、世界選手権2連覇中と大舞台に強い。平昌五輪まで、まだ10大会以上ある。W杯個人総合優勝4回の高梨と昨季世界選手権銀の伊藤有希(23)にとっては、ドイツ勢2人が最大のライバルになる」

 一方の男子は、小林潤志郎(26)が今季W杯個人第1戦で初優勝すると第5戦も4位。13位が過去最高位だったが力をつけてきた。

「ソチ五輪で2つのメダルを獲得し、“レジェンド”旋風を巻き起こした45歳の葛西紀明は、いまだW杯の上位に顔を出せないものの、小林の成長が重圧を軽減するはずです。W杯個人第5戦で10位となり、今季初のW杯得点(30位以内)を獲得したのは明るいニュースです」(前出の高野氏)

 小林潤の台頭に、弟の小林陵侑(21)も好調で期待されるのがソチ五輪で銅の団体だ。葛西、伊東大貴(32)、竹内択(30)に続く4人目はそろった。

 竹内、小林陵、葛西、小林潤の順で臨んだW杯団体第2戦で日本は3位。表彰台に上がるのは2016年2月(3位)以来。伊東は17年11月19日のW杯男子個人第1戦で転倒し、右肩の亜脱臼と診断されたが、年末年始にW杯を兼ねて行われる伝統のジャンプ週間から復帰する見込みだ。

 団体はW杯第3戦までノルウェーが全勝。昨季から5連勝している。