野菜ジュースやスムージーなどから日々ビタミン・ポリフェノールの摂取を欠かせないという女性は多いもの。しかし多くの男性はどうでしょうか。野菜ジュースといえば女性が飲むイメージの多いものですが、生活習慣病や食生活が乱れやすい男性こそ、野菜ジュースを飲むべきなのです。野菜ジュースは意味がないという説もあります。確かに野菜を食べるのとは違います。でも野菜を全く食べないより、野菜ジュースでも意識して摂取した方が良いのです。

野菜ジュースなら手軽で生野菜以上のメリットも

野菜ジュースには野菜・フルーツ由来の各種ビタミン・ミネラル、そして色素成分フラボノイドが含まれていますが、加工過程で当然栄養素は減少してしまいます。しかし全ての栄養素が失われるわけではありませんし、近年は必要な栄養素や機能性成分が添加されているものもあります。それに一部の栄養素においてはむしろ生野菜以上に効果的に栄養素を補給できるものもあるのです。例えば活性酸素と拮抗する抗酸化作用や免疫を高める働きの期待できるβカロテンや、美容・健康効果のほかにダイエット効果も期待できるリコピンなど。これらは加熱されることで栄養素の吸収率がより高まるので、生野菜から摂るよりもより効果的に栄養素を補うことができるのです。

血糖値を抑えメタボ予防効果が期待できる

食生活において、血糖値上昇を招かないために食べる順番には気を配るべきだと巷ではよく言われています。まさにその通りで、血糖値の急激な上昇は糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病、そして男性に多いメタボを招く大きな原因となってしまいます。そのため食事は主食の炭水化物やおかずのたんぱく質でなく、まずはじめに野菜から食べることが推奨されています。しかし野菜嫌いだったりサラダをつくるのも億劫という男性は少なくありません。そこで活躍してくれるのが野菜ジュースです。野菜ジュースを食事の前に飲むことで、急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑えてくれるのでメタボ予防にも効果が期待できます。もちろん、定食であれば、野菜たっぷりの味噌汁からの順番でもOKです。

清涼飲料水の代わりに野菜ジュースを飲もう

女性は牛乳・豆乳・乳酸菌飲料・野菜ジュースを飲む割合が多いのに対して、男性はコーヒー飲料・炭酸飲料・スポーツドリンクを飲む割合が多いというアンケート統計があるぐらい、男性は大の清涼飲料好きであることがわかります。確かにコーラやサイダーを飲むのはいつも男性であるイメージが強いですよね。ただ糖分過多でほとんど栄養素の含まれていない清涼飲料水ばかりを飲んでいれば、栄養素の偏り、健康悪化を招きかねません。そこで日頃飲む清涼飲料水の変わりに野菜ジュースを飲むことをおすすめします。もちろん野菜ジュースにも糖分が多く含まれるので、飲みすぎは注意です。

日頃の野菜不足や栄養素の偏りを最小限に止めたい、生活習慣病やメタボ予防に野菜を摂りたい。そんな男性陣こそ、ジュースより野菜ジュースを心がけて野菜健康習慣をはじめてみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部