市川海老蔵が麻央さんへの思いを語った/2010年撮影

写真拡大

12月29日放送「ニュースキャスター超豪華芸能ニュースランキング」(TBS系)では、2017年の芸能ニュースをランキング形式で振り返った。第1位に選ばれたのは、6月22日に34歳の若さで死去した小林麻央さんのニュース。それから半年たった今、夫である市川海老蔵がその胸の内を明かした。

【写真を見る】映画や小説がヒットした今年の顔としてたけし自ら“ビートたけし”を語った/2014年撮影

インタビューでは“子育て”の話題も。「子供との接し方が変化したか?」という質問に対して、海老蔵は娘の麗禾ちゃんについて「髪の毛とか洋服とか、自分が無頓着な部分」に苦悩していることを告白。さらに「麻央が生きていたら、女性目線で言える」「『麻央だったらこうしたいだろうな』ということを、考えなくてはならないと思いますね」と続けた。

そして話題は、気になる再婚について。歌舞伎の仕事を続ける上で、仕事と子育ての両立は難しいとの街の声も聞かれた。

しかし海老蔵は「私はまだそういう感じにはならないかな」と断言。「まだ半年ですし、当分そういう気持ちにはならないでしょう」と、現段階で再婚する意思を否定。さらに「やっぱり麻央が心の中にいますんで」と、目を潤ませた。

インタビューの最後、海老蔵が麻央さんの夢を見たエピソードについて語った。「まだまだ心の傷というものは癒えてないのだな」とコメント、「夢は正直だな」と締めくくった。(ザテレビジョン)