藤松宙愛/撮影=佐藤学

写真拡大

九州を拠点とするアイドルグループ・LinQから派生する形で、2017年夏に誕生したエンターテイメント集団・トキヲイキル。その旗揚げとなる演劇公演「小さなカフェの片隅から」(2017年10月25日〜29日 福岡・天神ベストホール)で客演として舞台に立った藤松宙愛が、トキヲイキルに正式加入した。

【写真を見る】髪を下ろすと、15歳とは思えない大人っぽさ/撮影=佐藤学

EDMアイドルグループ・Stereo Fukuoka(※現在は活動休止)でも注目株だっただけに、その“転身”は九州のアイドルファンの間でも話題となったほど。そんな彼女に、今回話を聞いた。

――まずは自己紹介からお願いします!

「藤松宙愛(ふじまつ・そら)、中学3年生。15歳です。宙愛っていう名前は、宇宙中のたくさんの愛を受け止めて、その愛を他の人に分け与えられる人になってほしい…ということで、母が付けてくれました」

――確かに宙愛ちゃんはいつも笑顔だし、周りがパッと明るくなりますよね。

「本当ですか!? ありがとうございます! 友達からも『いつも笑ってるよね』って言われます」

――生まれも育ちも福岡で?

「はい。福岡はほんと、いい街なんです。ほどよく都会もあり田舎もあり住みやすいし、なんといっても食べ物が美味しい! 福岡名物で、個人的に好きなのはモツ鍋ですね。割とドロドロした、こってりしたスープが好みです。で、締めは必ずご飯を入れて、雑炊もいただきます(笑)!」

――福岡のアピール、ありがとうございます(笑)。さて、あらためて宙愛ちゃんが芸能界に入ったきっかけを教えてもらえますか?

「日本舞踊を習っていたんですけど、その関係で知り合った方を通じて、前にいたグループに入りました。それとは別に、小さいころから女優をめざしていて、オーディションなどを受けていたんです。それで10月のトキヲイキルの旗揚げ公演に出ることになって、前いたグループも活動を休止していたから、“トキイキ”に入りませんか?と声を掛けていただきました」

――女優をめざしたのは、17歳の若手女優・山口まゆさんの演技に感動したからだそうですね。

「はい。ドラマの『コウノドリ』(2015年TBS系)に出られていて、その演技に引き込まれました。自分と年齢が変わらないのにこの人凄いなぁと感動して、こういう演技をできる人になりたいと思うようになりましたね」

――将来の夢は女優さん?

「そうです。でも、トキヲイキルは演劇もライブもどっちもやるから、歌とダンスのほうも頑張りたいなと思います。もともと、歌って踊るのは大好きですし」

――いやぁ、中学生とは思えないほどしっかりしてますね! 2018年は高校生になります。

「勉強も大好き…とは言えないんですけど(笑)、マジメにやっていきたいです。好きな科目は社会、歴史も公民も好きです。社会は、ノートをまとめるのが楽しいんですよ。分かりやすくまとめられると、自己満足しちゃって何度も見返しちゃうという。高校に入っても社会と、あと英語が喋れるようになりたいので英語は、特にしっかり勉強します!」

――一方で、トキヲイキルのメンバーとしての目標があれば教えてください。

「演劇のほうでは、与えられた役柄に入り込んで、“藤松宙愛が演じている”ということを感じさせないぐらいの、そんな演技ができるようになるのが目標です。一方でライブのほうでは、逆に藤松宙愛を全面に出していきたいですね。大きな笑顔で歌って踊ってアピールして、グループの中で最年少だし新メンバーでもあるので、まずは皆さんに私のことを覚えていただけるように頑張ります」

●Profile

藤松宙愛(ふじまつ・そら)=2002年8月7日生まれ。15歳。福岡県出身。A型。2016年1月、Stereo Fukuokaのメンバーとして活動開始。並行してファッションショーや舞台などでも活躍。2017年10月よりトキヲイキルに正式加入した。(ザテレビジョン)