新型スペーシア/スペーシアカスタム、小型クロスオーバーワゴンを謳うクロスビーと、立て続けに新型モデルを投入したスズキ。

2018年の東京オートサロンでは、新型「スペーシア」をベースとした「スペーシア トールキャンパー」、新型クロスビーをカスタマイズした「クロスビー ウィンターアドベンチャー」をはじめ、「キャリイ フィッシングギア」、「スイフトスポーツ オートサロンバージョン」という4台のコンセプトモデルが披露されます。

「クロスビー ウィンターアドベンチャー」は、ベース車がもつワゴンが持つ居住性と、高い走破性はもちろんそのままに、よりアクティブにウィンタースポーツを楽しむためのコンセプトモデルとして提案されるものです。

「スペーシア トールキャンパー」は、SUVテイストを融合させ、キャンプや野外イベントに出かけるシーンをイメージしたそうで、アクティブで遊び心を感じさせるコンセプトカー。

市販化されれば相当目立ちそうな「キャリイ フィッシングギア」は、キャビンを拡大したキャリイに、フィッシングポイントへたどり着く走破性をイメージしたデザインが採用されています。趣味の道具を荷台にも、室内にも機能的に収納できるため、趣味にも毎日の足にも使えそうなコンセプトカーです。

アウトドア色の強い参考出品車が中心の中、「スイフトスポーツ オートサロンバージョン」は、並べて展示される大型スポーツバイクの「GSX-S1000 ABS」と同色にペイントされた、文字どおりスイフトスポーツのオートサロンバージョン。マットブラックの車体色にブラックメッキのグリルを組み合わせ、スポーツイメージを強調。スポーツ志向の来場者から注目を集めそうなスタイリングが目を惹きます。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】スズキ・XBEE(クロスビー)発表。「デカ・ハスラーではない」新しいジャンルの車
https://clicccar.com/2017/12/25/543083/

【新車】スズキ・XBEE(クロスビー)の居住性、積載性、悪路走破性は!?
https://clicccar.com/2017/12/25/543099/

【新車】新型スペーシア/スペーシア カスタムは軽自動車初の最新装備でN-BOXに追いつけるか!?
https://clicccar.com/2017/12/18/539897/

【新車】まだ軽自動車は広くなる!? スペーシア/スペーシア カスタムは驚きの広さ
https://clicccar.com/2017/12/15/539661/

【東京オートサロン2018】注目の新モデル「スペーシア」「クロスビー」のコンセプトカーが早くも登場(http://clicccar.com/2017/12/30/544238/)