ビジネスパーソンにお勧めの寺社はどこ?(イラスト:カワグチニラコ)

日本人は、近場や遠方を問わず、今まで何度となくお寺や神社を訪れているはずだ。宗教や信仰を常日頃は意識しないという人は多いが、日本に生まれれば、初詣や厄除け、お葬式など、節目にはほとんどの場合、寺社にお世話になる。日本人にとって「寺社」とは、自分のベクトルを定めるために欠かせない「ワンピース」なのかもしれない。
寺社をこよなく愛し、新刊『イラストでわかる 日本のお寺と神社』を著した日本の寺社研究会の2人に、特にビジネスパーソンに「ご利益がある」といわれる寺社を、イラストを使いながらわかりやすく解説していただいた。

あらゆる願いをかなえる、諸願成就のお寺

浅草寺(東京都台東区)

ご利益があるスポットとして、まずご紹介したいのは、東京台東区にある「浅草寺(せんそうじ)」。国内外から年間3000万人もの人々が訪れるといいます。浅草のシンボル・大提灯が掛かる雷門で風神雷神像に迎えられ、にぎやかな仲見世を通り抜ければ宝蔵門が現れます。この宝蔵門に並び立つのは仁王像。背面には全長4.5メートルもの大きさの、魔除けの大わらじが提げられています。


浅草寺(イラスト:カワグチニラコ)

そして、その先にある本堂では、秘仏の聖観世音菩薩と、慈覚大師円仁が謹刻した御前立本尊が御宮殿に安置されています。この菩薩は隅田川で漁師の投網にかかった仏像と伝えられており、645年に勝海が観音堂を建てて秘仏の本尊としたそうです。

江戸時代になると、あの徳川家康が浅草寺を祈願寺としたことで大いに栄え、この寺が今日まで広く親しまれる基盤ができました。また、本坊(住職の住む所)である伝法院には、小堀遠州が手がけた回遊式庭園(通常非公開)があり、国が指定する名勝となっています。

この浅草寺は、商売繁盛、開運、縁結びなどのご利益、つまり「現世利益」を授けてくれるお寺。それらにまつわるお守りやお札の種類も豊富で、自分が望むご利益を選ぶことができます。

筆者を含め、世のビジネスパーソンの「モチベーション」を高めてくれるのは、形こそさまざまあれど、何といっても「先々への希望」なのではないでしょうか。信心深いか否かなどは抜きに、自分の望みを成就させるための「手始め」として、このお寺を訪れる価値は十分あるはずです。

【所在地】東京都台東区
【本尊】聖観世音菩薩
【お土産】人形焼、雷おこし
【トリビア】境内には、住職など関係者が利用する秘密の地下通路がある

心願成就がウリの絶大なるパワースポット

箱根神社/九頭龍神社(神奈川県箱根町)

次にご紹介したいのが、心願成就がウリの絶大なるパワースポット、芦ノ湖畔に建つ「箱根(はこね)神社」と、その末社である「九頭龍(くずりゅう)神社」。箱根神社は、古くは「箱根権現」といい、山岳信仰と修験道が習合した社だったとのこと。

箱根山、特に主峰の神山は古代より信仰の対象とされ、2400年以上前、聖占が神山を神体山として祭祀してからは関東有数の霊場に。757年には万巻が神託を受けて里宮を創建しました。また、この万巻は芦ノ湖で暴れていた9頭の毒龍を退治したと伝わり、龍は宝珠、錫杖、水瓶を捧げて帰依し、九頭龍神社の龍神となったそうです。


箱根神社/九頭龍神社(イラスト:カワグチニラコ)

その後、征夷大将軍・坂上田村麻呂が武運を祈願し、成就したことをきっかけにして、源頼朝や徳川家康など、のちの高名な武将たちから信仰されることになります。

箱根神社は関東総鎮守(関東の地を守る神さま)として知られ、心願成就や交通安全、開運厄除けなどが主なご利益ですが、古の強者たちの信仰を集めていたという歴史から、スケールの大きな願いごとをするのによいといわれています。まさに、ビジネスでの成功や大志の達成祈願に向いている神社といえるでしょう。

一方、箱根神社に連なる九頭龍神社には、特に縁結びのご利益を授かりに訪れる参拝者が多く、箱根神社と九頭龍神社は、公私共々ご利益を期待できる場所。ここに、パワースポットといわれるゆえんがあるのです。

【所在地】神奈川県足柄下郡箱根町
【祭神】箱根大神、九頭龍大神
【名物行事】月次祭
【名物】龍神水
【トリビア】九頭龍神社の月次祭がある毎月13日のみ芦ノ湖に参拝船が出る

見逃せないパワースポット3社

著名人からテレビなどでパワースポットとして紹介され、たくさんの人々が殺到するようになった神社にも注目したいところです。実際にご利益があったという後日談はあとを絶たない、3つの神社があります。

■須佐神社(島根県出雲市)

島根県出雲市にある「須佐(すさ)神社」は、スサノオノミコトが自らの御魂を鎮めたとされている社です。言い伝わる七不思議の1つとして、潮が湧くという「塩ノ井」があり、スサノオノミコトは、この海水で神社の地を清めたといわれています。


須佐神社(イラスト:カワグチニラコ)

この神社はやはり、ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトを祀る神社だけあって、「日本最強パワースポット」とのうわさもあるほど。自分自身を「力」で武装したいなら、ここは“外せない”神社かもしれません。

■榛名神社(群馬県高崎市)

群馬県高崎市にある「榛名(はるな)神社」の社殿は、奇岩・巨岩がそびえる榛名山に点在しており、背後の大きな御姿岩にめり込むように建っているのが本殿です。早くから神仏習合が進み、修験道の聖地とされていました。


榛名神社(イラスト:カワグチニラコ)

そうした背景から、この神社は霊力というか、「気」が強くみなぎっている場所として知られ、その強い「気」にあやかりたいという参拝者も数多く訪れているようです。自分の気力を充実させたいのなら、ここも見逃せない神社といえるでしょう。

■三峯神社(埼玉県秩父市)

犬ではなく狛狼が護る「三峯(みつみね)神社」は、秩父の山奥に鎮座します。ヤマトタケルノミコトがイザナギノミコトとイザナミノミコトを祀ったのが起源といいます。役小角が修行し、空海は自刻の十一面観音像を奉納したと伝わっています。


三峯神社(イラスト:カワグチニラコ)

この神社は関東屈指のパワースポットといわれ、願望実現と金運のご利益を期待できる神社として全国から参拝者が殺到するほど。毎月1日には「白い氣守」も限定頒布されます。ビジネスにおける「強運」を身にまとうためにも、この神社に1度は行ってみる価値はありです。

寺社参拝のメリットとは?


以上、ビジネスパーソンの方にお勧めしたい寺社を簡単に紹介いたしました。参拝によるメリットは、お寺や神社周囲の自然や景観を眺めたり、ご当地や近隣の美味を食したり、時間があれば温泉地も楽しめたりする「心身のリフレッシュ」がはかれるところだと思います。

新たなる2018年の始めに、まずは寺社に足を運んで「心の整頓」から入ってみるのもいいのではないでしょうか。仕事の業績や成果がアップする「小さなきっかけ」になるかもしれませんよ。