【第68回NHK紅白歌合戦、29日、リハーサル1日目、NHKホール】音合わせの合間には、出場歌手による囲み取材がおこなわれた。星野源は去年に引き続き、今年3回目の出場。「Family Song」を歌唱する。

 リハーサルを終え、「NHKホールは本当に昔からすごく大好きで、今回紅白は3回目なのですが物凄く歌いやすいなと思います」と順調な仕上がりで本番を迎える。

 記者から「もう慣れたのか?」と、問われると「リハーサルまではそんなに緊張しないのですが、総合司会の内村光良さんと『ライフ』のスタッフが裏にいたのですがスタッフに内村さんが相当緊張していると聞いたので、内村さんと一緒に緊張するかもしれません(笑)」と舞台裏で今年の総合司会を務める、内村光良が緊張している様子であることを明かした。

 今年を振り返り、漢字一文字で「国」と表した星野源。「全国ツアーを回れたということや『恋』という曲や大河ドラマ『真田丸』なので全国のみんなに知ってもらえて始まった1年だったので、全国ということを意識した年でした」と言い、「去年の目標はあまり無理をしない」ということだったのですが、芝居にツアーに意外と無理してしまったのですが充実した1年でした」と語る。

 そして、来年の目標として「遊びたいなと思います。仕事でもプライベートでも。今年はどこにも行けなかったので、色んな場所に行ってインプットする年にしたいなと。日本の名所とか僕全然行ったことないので全国行ってみたいです」と旅をする1年にしたいと述べた。