ロシアのコーチ、エテリ・トゥトベリーゼさん(時事通信フォト)

写真拡大

 フィギュアスケートの平昌五輪代表が決定した。女子2枠という熾烈な代表争いを勝ち抜いたのは宮原知子(19)と坂本花織(17)。ともに五輪初出場となる2人の前に立ちはだかる最大のライバルは、個人参加で出場した場合、ロシア勢になるだろう。国による組織的ドーピングによって、ロシア選手団としての参加は認められないが、個人資格での参加は容認されている。

 ロシア女子の五輪出場枠は3枠。代表発表は、2018年1月に行われるヨーロッパ選手権の後になる見込みだが、全日本フィギュアスケート選手権と同日に開催されたロシア選手権で優勝したアリーナ・ザギトワ(15)が、1枠をほぼ手中に収めた。ザギトワは12月に名古屋で行われたグランプリファイナルでも優勝。ジュニア時代は本田真凛(16)と鎬を削っていた可憐な少女が、シニアデビューの今年、一気に頂点までのぼりつめた。

 もう一人のロシア代表有力候補は、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(18)。ケガのため、グランプリファイナルおよびロシア選手権を欠場したものの、過去の実績から選出は濃厚と見られている。

 五輪金メダルの有力候補といわれるこの2人、実は同じコーチに師事する同門である。ロシア・フィギュアスケート界の「鉄の女」と称されるエテリ・トゥトベリーゼ(43)だ。ロシア・スポーツ省の「コーチ・オブ・ザ・イヤー」を受賞したエテリコーチは、いま最も注目を集めるコーチの一人だろう。

 ちなみにロシア選手権で3位に入ったアリョーナ・コストルナヤ(14)も、エテリが指導する選手。年齢制限で平昌五輪には出られないが、次世代も着実に育っている。

「エテリ組」の強さはどこにあるのか。第一に、「鉄の女」と呼ばれるほどの厳しさだろう。過去のインタビューで「コーチは(選手を)いつも賞賛すべきではない」「練習では150%、本番では110%」と発言している。限界を超えた練習によって、選手たちは技術のみならず精神的に鍛えられていく。

 第二に挙げられるのが、ジャンプの上手さだ。フィギュアスケートに詳しいスポーツライターは「エテリコーチの選手たちは難易度の高いジャンプを飛ぶだけでなく、ほとんど回転不足がない。きちんと空中で回り切って降りてくる。そういうジャンプを小さいときから徹底的に教え込まれているのです」と語る。

 いま、エテリチームの選手たちは4回転にも取り組んでいる。ジュニアのグランプリファイナルで優勝したアレクサンドラ・トルソワ(13)は、試合では転倒したものの、練習では4回転サルコウをきれいに決めている。「3年後には、女子も4回転が普通のエレメンツになるだろう」と、エテリコーチは話す(『フィギュアスケートの世界』)。

 三つ目に挙げたいのは、プログラムに積極的にコミットする点だ。振付師とともにエテリコーチも選曲、振り付け、衣装に関わり、勝てるプログラムを作り上げていく。「たとえばザギトワ選手は、加点を狙って、ジャンプをすべて後半にそろえています。そのためには前半にステップ・スピンを集めなければならず、普通に考えればプログラム全体のバランスが悪くなりがち。ですが、そうならないよう、編曲や選曲、構成を練り上げている。非常に考え抜かれたプログラムです」(前出のスポーツライター)

 今季のザギトワのショート・プログラムには映画「ブラック・スワン」の音楽が使われているが、ステップの部分のみ、第89回アカデミー賞を受賞した「ムーンライト」のサントラが違和感なく差し挟まれるという凝りよう。10月のカーニバルオンアイスで初解説を務めた町田樹氏は、「何か製作者の意図があるのかもしれない」と指摘していた。

 ジュリア・ロバーツのファンで、ファッショナブルな姿も注目を集めるエテリコーチ。プライベートでは聴覚障害を持つ娘を育てるシングルマザーであり、彼女を特集したロシアのドキュメンタリー番組では、母親の顔を覗かせていた。

 もちろん、すべての選手が「鉄の女」の下で羽ばたけるわけではない。ソチ五輪で団体金メダルを獲得したユリア・リプニツカヤさんは、エテリコーチと決別した一人だった。とはいえ、メドベージェワとザギトワとの信頼関係は今のところ強固なものがある。最強ロシア女子を牽引するエテリ組は、平昌五輪でも大輪を咲かせられるか。立ち向かう日本勢にも期待したい。