2017年8月に発売されたBMW 3シリーズの限定モデル「M Sport Edition Shadow(セダン/ツーリング)」がカタログモデルに「昇格」したそうです。BMW 3シリーズはそろそろモデル末期に差しかかっていて、以前お伝えしたように、その走りは「完熟」といえる高い完成度を備えています。

限定車がカタログモデル化されることは国産、輸入車を問わず時々ありますが、BMWではあまり聞いたことはありません。

「M Sport Edition Shadow(エムスポーツ・エディション・シャドー)」は、BMW 318i/320i/320d/330eの各「M Sport」の内・外装に、スポーティ感を強化する専用アイテムや、人気のオプションを特別装備したもので、スポーツセダン、スポーツツーリングとしてのBMW 3シリーズの魅力をより高めたことで、多くの支持を集めたそう。

外観は、新色で専用ボディカラーとなる「サンセット・オレンジ」を追加。こちらも専用装備の「ブラック・キドニー・グリル」、専用ダーク色のフロントLED ヘッドライトとLEDテールライトに加えて、存在感のあるバイカラーの専用「19インチMライト・アロイ・ホイール(オービット・グレー)」が足元を引き締めています。

一方のインテリアは、ブラック・アウトされたパネルから走行モードごとに最適化された色やデザインのメーターが浮かび上がるマルチ・ディスプレイ・メーター・パネル(BMW 330e M Sport Edition Shadowは非装着)が採用され、質感を向上させるとともに、ダイナミックなドライビングをより楽しめる演出が施されています。

さらに、専用のダーク・カーボン調のトリムにブルーのステッチがあしらわれたブラックの「ダコタ・レザー・シート(BMW 318i / 318i Touring M Sport Edition Shadowはセンサテック・レザー・ブラックを採用)」、専用装備となるステンレスペダル、フットレストを装備することにより、よりシャープでスポーティなデザインになっています。

また、今回のカタログモデル化にともない、プラグインハイブリッドモデルの「BMW 330e iPerformance M Sport Edition Shadow」を追加。受注開始は2018年1月からで、納車は2018年2月より開始されます。

「M Sport Edition Shadow」の価格帯は、「BMW 318i M Sport Edition Shadow」の5,330,000円〜「BMW 330e iPerformance M Sport Edition Shadow」の6,800,000円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【BMW 3シリーズ試乗】軽やかなフットワークと3気筒とは思えない滑らかな加速フィールが魅力の「BMW 318i Sport」
https://clicccar.com/2017/12/18/540296/

新色のボディカラー、19インチアルミホイールをまとったBMW・3シリーズの限定車「M Sport Edition Shadow」
https://clicccar.com/2017/08/31/505220/

【新車】BMW 3シリーズの限定車がカタログモデルに昇格。「M Sport Edition Shadow」(http://clicccar.com/2017/12/30/544186/)