JR西日本は元日限定の乗り放題きっぷを発売している。列車から初日の出を見るのも楽しい(写真:JNR-TAMA / PIXTA)

今シーズンも、お正月恒例の「元日・JR西日本乗り放題きっぷ」が今日(12月30日)まで発売されている。

これは1月1日限定で、JR西日本全線と智頭(ちず)急行、JR西日本宮島フェリーが乗り放題となるきっぷ。新幹線や特急の自由席にも乗り放題で、今回の価格は普通車用(指定席に6回まで乗車可能)が1万6000円(こども3000円)、グリーン車用(グリーン車に6回まで乗車可能)が1万8000円(こども5000円)だ(こども用のきっぷ単独での乗車は不可)。

1月1日に新大阪から博多まで新幹線「のぞみ」の指定席で行く場合、片道1万5510円かかるので、この乗り放題きっぷで新大阪と博多を往復したら、およそ半額で済む。また、北陸新幹線と特急サンダーバード、山陽新幹線と乗り継げば、富山―博多の往復も可能だ。

JR西日本全線の何割に乗れる?

JR西日本の路線は、東は新潟県の上越妙高駅、西は福岡県の博多南駅まで広がり、山陽新幹線(新大阪―博多)と北陸新幹線(上越妙高―金沢)の2つの新幹線を含め、営業路線の総営業キロは5008.7劼砲よぶ。

このお得な乗り放題きっぷを使ったら、1日でJR西日本の路線の何%に乗車することができるのだろうか。調査してみた。

1日でとにかくたくさんの路線に乗るためには、新幹線と在来線の特急を活用するのが必須条件となる。JR西日本で在来線の特急網が発達しているのは、福知山を中心とするエリアと、米子・出雲市を中心とする山陰エリア、大阪・米原―金沢の北陸エリア、天王寺―白浜・新宮のエリアだ。

なるべくたくさんの距離を稼ぐなら、北陸と白浜・新宮のエリアを出発、もしくはゴールに持っていくのがよさそうだ。時刻表で、新宮を朝イチで出た場合と、金沢を朝イチで出た場合、そして新宮に最終列車で到着する場合と、金沢に最終列車で到着する場合を比較すると……。

【新宮・金沢を始発列車で出発した場合】
●新宮→新大阪(276.5辧

新宮6時30分発-<特急くろしお10号>-新大阪10時50分着
●金沢→新大阪(263.8辧
金沢5時35分発-<特急サンダーバード2号>-新大阪8時15分着
【新宮・金沢に最終列車で到着する場合】
●新大阪→新宮(276.5辧

新大阪19時15分発-<特急くろしお25号>-新宮23時51分着
●新大阪→金沢(263.8辧
新大阪20時58分発-<特急サンダーバード47号>-金沢23時29分着

特急サンダーバード47号は、金沢で北陸新幹線の「つるぎ736号」に接続して、富山まで行くことができる(23時59分着)。新大阪―富山の距離は322.4辧どうやら最後は、新大阪に20時58分より前に到着して、「サンダーバード」「つるぎ」と乗り継ぐのがよさそうだ。

となると、朝は新宮から行くのが距離を稼げそうだが、新宮を6時30分に出発するのは効率が悪い。

これが「全線の3割乗れる」プランだ

そこで注目したのが、大晦日の終夜運転だ。関西エリアでは大阪環状線や、草津-姫路間の東海道本線・山陽本線などで、12月31日深夜(1月1日未明)に終夜運転を行う。日付が変わった瞬間から電車に乗り始めれば、距離を稼げる。出発は、終夜運転を行なっている大阪近郊のどこかの駅。終着は富山に決まった。

続いては、スーパー特急が数多く走る山陰エリアで、いかにして効率よく特急に乗るかだ。一番活用したい特急は、新山口と米子・鳥取を結ぶ特急「スーパーおき」だ。1日に3往復しかない特急を軸に計画を組み立てると……このような乗り継ぎプランが組み上がった。

大住0時02分発---<片町線(学研都市線)普通>--京橋0時43分着
京橋0時47分発---<大阪環状線内回り普通>----西九条1時00分着
西九条1時06分発--<桜島線(JRゆめ咲線)普通>--桜島1時13分着
桜島1時20分発---<桜島線(JRゆめ咲線)普通>--西九条1時27分着
西九条1時31分発--<大阪環状線普通>-------新今宮1時42分着
新今宮1時44分発--<関西本線普通>--------王寺2時17分着
王寺2時25分発---<和歌山線・桜井線普通>----奈良3時34分着
奈良4時07分発---<奈良線普通>---------京都5時08分着
京都5時32分発---<山陰本線普通>--------園部6時14分着
園部6時16分発---<山陰本線普通>--------福知山7時25分着
福知山7時45分発--<特急こうのとり6号>----- 尼崎9時19分着
尼崎9時21分発---<東海道本線新快速>------三ノ宮9時37分着
三ノ宮9時42分発--<特急スーパーはくと3号>--- 上郡10時46分着
上郡11時15分発-- <特急スーパーいなば4号> ---岡山11時48分着
岡山12時04分発-- <特急やくも11号>------ 米子14時17分着
米子14時39分発-- <特急スーパーおき5号>--- 新山口18時51分着
新山口18時57分発- <山陽新幹線のぞみ188号>-- 新大阪20時54分着
新大阪20時58分発- <特急サンダーバード47号>-- 金沢23時29分着
金沢23時37分発-- <北陸新幹線つるぎ736号>-- 富山23時59分着

乗車キロ1767.3辧塀妬6茣屬鮟いた乗車キロ1763.2辧
JR西日本の営業キロ(新幹線を含む)5008.7
1日で乗車できる割合 35.2%

尼崎と新大阪での乗り換え時間に無理があるが、もし尼崎で乗り換えに失敗したら、9時36分発の新快速播州赤穂行きに乗車し、相生で11時02分発の「ひかり461号」に乗り換えれば11時17分に岡山に到着する。これで「やくも11号」に乗車することが可能だ(その場合、乗車距離が67.9匕詐する)。

新大阪での新幹線から在来線への乗り換え時間は4分しかなく、在来線に乗り換えるための階段の位置や「サンダーバード47号」のホームをあらかじめ知っていないと難しいが、乗り越し料金1420円を払って京都まで「のぞみ188号」に乗れば京都には21時10分に着き、21時21分に京都を出る「サンダーバード47号」に余裕を持って乗り換えることができる。

ただ、京都駅の精算窓口で乗り越しの手続きをすると時間がかかる可能性があるので、京都乗り換えの場合は、乗車前か、新幹線の車内で乗り越しの手続きをしたほうがよさそうだ。ちなみに、京都まで新幹線に乗車した場合は、乗車距離が39.0匕詐する。

「ぐるっと一周」ではないが…

このプランは、片町線(学研都市線)の京田辺から1つ京橋寄りの、大住という地味な駅が出発地で、終着は富山となっている。このため、大住や富山のあたりに住んでいたとしても大住-富山間の交通費が別途必要となり、1万6000円で「行って帰ってこられる」プランではない。天候などによる列車の遅延も考えられるので、あくまで時刻表上から導き出しただけのプランだ。

だが、1日でJR西日本の全路線の30%以上に乗れるとは、お得なきっぷが少なくなっている今、かなりの破壊力があるきっぷだ。

「元日・JR西日本乗り放題きっぷ」の発売は12月30日まで。詳しくは、JR西日本のホームページを見ていただきたい。