「子どもに英語をマスターしてほしい!」――そんな願いを持っている親御さんは少なくないだろう。しかし、そんな人でも「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはず……。むしろ、本当にわが子に身につけてほしいのは、世界のどこでも生きていける頭のよさ、つまり「本物の知性」なのではないだろうか。
実際、応用言語学や脳科学、教育心理学などのアカデミックな研究では「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」といった知見が蓄積されつつあるという。
いま、こうした科学的根拠(エビデンス)に基づいた指導によって、子どもたちの英語力を着実に伸ばし、人気を集めている英語塾があるのをご存知だろうか。元イェール大学助教授の斉藤淳氏が代表をつとめるJ PREPだ。
本連載では、同氏の最新刊『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て!』から、一部抜粋して「ほんとうに頭がいい子」を育てるための英語学習メソッドを紹介する。

「同時通訳者」のマネでは、英語力は伸びない

バイリンガルとか英語ペラペラと聞くと、同時通訳者のことを思い浮かべる人も多いようですが、これは一般的な第二言語習得とはまったくの別物です。彼らは英語を英語として聞き、それをものすごいスピードで日本語脳に“移し替える”作業をしています。

2つの脳を高速でスイッチングすることには、膨大なエネルギーが必要ですから、国際会議などで活躍するプロの同時通訳者でも、一定時間ごとに交替しながら2人以上で担当するのが普通です。

僕も研究者時代には、政治学の専門書の翻訳をやったり、日本の学者や政治家の通訳係を務めたりしました。
その経験から言えば、これらは英語コミュニケーションと密接な関係は持つものの、やはり別個の独自技能です。通訳や翻訳家として習熟するためには、まったく別のトレーニングが必要になります。

そうでなければ、どちらかの脳を片方ずつ使うスタイルで十分です。使わない単語は忘れていくでしょうが、ひとたび英語脳をつくってしまえば、しばらく英語を話さなくても、学んだ成果がゼロに戻ってしまうことはまずありません

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)