Image: mnimage/Shutterstock

試行錯誤の連続です。

スマートフォンをひらけば、ついついTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)を開いてしまうもの。現在さまざまなSNSサービスが私たちを魅了してやみませんが、サービスを提供する人々もユーザーに飽きられないよう、たくさんのアップデートを重ねています。

今回は、2017年に起きたSNSの変化あれこれを振り返っていきましょう。作られてはすぐに消えていった機能も思い出せないほどありますが、今回は現存するものを集めてみました。それではさっそくいってみましょう!

Twitter

最近のアップデートとしても記憶に新しいのは、ツイートの文字数が140字から280字に増えたこと。でも、残念ながら日本語と韓国語、中国語は依然として140字のままです。

ただ、新たに追加された「スレッド」機能が、文字数の制限をある程度は解放してくれました。ツイートをひと繋ぎに連投することができるので、文章をわければいくらでも長く呟けるというわけです。

また、デザインが大幅にリニューアルされたのも今年の出来事。プロフィールのアイコンが四角形から円形になって複数アカウントが管理しやすくなったり、プロフィールページは左側に押し込まれるダッシュボード形式になりました。

また、「リツイート」と「いいね」がリアルタイムで変動するようにもなりましたね。これまでは、タイムラインに流れるツイートに表示される数字は静的なものでした。それが今ではつぶやきが「まさに拡散されている!」様子を直接目視できるようになったわけです。

スレッドで、もっと伝えやすくなります

スレッドで、もっと伝えやすくなります
https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/product/2017/Nice-Threads.html

新しいデザインになりました

新しいデザインになりました
https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/product/2017/TwitteJP1.html

Facebook

Facebook(フェイスブック)は、謎機能を追加したり、なにかと不思議なマイナーチェンジが目立ちました。テキスト投稿時のみ背景の色や模様を変えられるようになったり、唐突にプライベートな質問を投げかけてきたり。その意図は一体…?

また、Facebook Messengerでは24時間で消える動画投稿機能「Messenger Day」が日本でも利用可能に。弟分のInstagramの「ストーリーズ」とあまり変わらないような気がしなくはないのですが、FacebookだけでSNSのコミュニケーションを完結させたい人にとってはちょうどいいでしょう。

Facebookのオリジナルコンテンツが配信される「Facebook Watch」は、未だ日本では音沙汰がありません。日本上陸前に苦戦しているのでしょうか…。

24時間でコンテンツが消える「Messenger Day」を日本でも提供開始 5,000種類以上のフレームやスタンプなどの装飾を選択可能 | Facebookニュースルーム

Facebookは、Messenger アプリに24時間でコンテンツが消える新機能「Messenger Day […]
https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/03/24%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%A7%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84%E3%81%8C%E6%B6%88%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%8Cmessenger-day%E3%80%8D%E3%82%92%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E3%82%82%E6%8F%90/

Introducing Watch, a New Platform For Shows On Facebook | Facebook Newsroom

By Daniel Danker, Director of Product Update on 8/31: Over the next few days, Watch will be broadly available to people in the U.S. We’re excited to see how the community engages with shows - there will be hundreds to choose from - and we look forward to bringing the experience to more people in the future. […]
https://newsroom.fb.com/news/2017/08/introducing-watch-a-new-platform-for-shows-on-facebook/

Instagram

Facebookに比べ、もりもり強気な機能を追加しているのがInstagram。挑戦的なのに堅実なアップデートが目立ちました。

たとえば、一度の投稿で複数の写真や動画をポストできるようになったこと。以前なら複数の写真をポストするとき、その枚数だけ編集に戻って何度も投稿プロセスをたどる必要がありました。それらの作業も含め、1度のシェアにスッキリまとめられるようになったのは大正解でしょう。

また、日本でもInstagram ストーリーズのライブ配信が可能になりました。この機能、Snapchatとの差別化をはかるためか、はたまたその他のSNSに遅れをとらないための補完でしょうか。Snapchatに対する意識は「ARによる顔フィルター」の追加にも顕著に現れています。ただし、フィルターのクオリティはイマイチのようで、わざわざSnapchatで撮って保存した写真/動画をInstagramストーリーズに投稿するユーザーもちらほら。

また、「コレクション」機能によって、タイムラインをただ流れていくポストを保存できるようにもなりました。自分の投稿を削除せず非公開にする「アーカイブ」機能も追加され、常に流れていってしまう投稿の保護を重視していることが伝わってきます。

余談ですが、世界的にはSnapchatが大人気なものの、日本はInstagramが定着している印象。そのうちFacebookよりInstagramユーザーの数が多い、なんてことにもなりそうですね。

インスタグラム、1つの投稿に複数の写真や動画をシェアできる機能を導入 | Facebookニュースルーム

インスタグラムは2017年2月22日(米国時間)、1つの投稿に複数の写真や動画をシェアできる機能を発表しました […]
https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/02/instagram_sharemultiple/

インスタグラム ストーリーズのライブ動画が日本でも利用可能に | Facebookニュースルーム

インスタグラムは2017年1月17日(米国時間)、日本国内の利用者に向けて「インスタグラム ストーリーズ(In […]
https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/01/liveinjp/

LINE

LINE(ライン)で大きかった変化はズバリ「送信取り消し」機能が登場したことです。これで、宛先や内容を間違えても一旦なかったことにできるようになりました。ただし、傷跡は残るのでご注意を。「削除されました」と相手にも表示されてしまいますよー!

また、期待していただけにちょっぴり残念だったのが、LINEから発売されたスマートスピーカー「WAVE」との連携です。LINEを誰かに送ったり通知がきたら、音声アシスタントのClovaがスムーズに対応してくれることが理想でしたが、スマートスピーカー専用のアカウントを作る必要があったり、なにかと手間がかかってぎこちない結果に。

LINE、「送信取消」機能を本日より提供開始 | LINE Corporation | ニュース

取り消さなくてはならない誤送信メッセージは、24時間以内であれば履歴付きで取り消し可能に
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1975

そのほか

2017年の4月にはMastodon(マストドン)がスタートし、中央集権型のサーバーにとどまらない分散型SNSが登場しました。見た目はちょっとTwitterに似ていますが、共通の趣味などを持つ人同士が集まるインスタンスでコミュニティを作っていくのが主な楽しみ方です。

また、Instagramに追いあげを見せられているSnapchatは、2016年に「脱スマホ」を掲げて発表したカメラ搭載サングラス「Spectacles」が大量に売れ残っていることが明らかになりました…。

ビジネスシーンで重宝されているチャットサービス、Slackは待望の日本語版が登場し、Enterキーによる操作が曖昧だった改行/送信が、より使いやすいものに生まれ変わりました。

Slack is now available in Japanese - Several People Are Typing - The Official Slack Blog

A fully localized experience that works the way our Japanese-speaking customers do
https://slackhq.com/slack-is-now-available-in-japanese-e5f9575eb080

まとめ

SNSは毎日使うものだからこそ、小さな変化にはすぐに慣れてしまいます。2017年に新しく生まれた機能にも「これって今年なんだっけ!?」と、驚いたものもあったんじゃないでしょうか?

2017年、確実な進化を遂げたのはきっとInstagramでしょう。ユーザーにとって馴染みやすい新機能を多数追加してくれました。また、中央集権によらない分散型SNSの概念を構築したMastodonは、知名度こそ広がらなかったものの、SNSの在り方を示す第一歩になったのではないでしょうか。

いっぽう、FacebookやTwitterなどその他のSNSは現状維持といったところ。退化こそしていないものの保守的で無難なマイナーチェンジ、という印象です。言いかえれば、ユーザーにとって満足できるスタイルが完成しているということなのかもしれません。

Image: Shutterstock

Source: Twitter(1, 2), Facebook(1, 2, 3, 4), LINE, YouTube, Slack

(豊田圭美)