葉山在住の写真家・ミヤジシンゴさんが忘れられない、2017年葉山グルメはここ!

写真拡大 (全6枚)

人気連載「旅と写真とゴハンと」に登場した葉山在住の写真家・ミヤジシンゴさんが感激した葉山グルメを紹介。

【2017年の感動レストラン】


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣が聞く、今年一番印象に残ったレストラン企画。今回は、人気連載「旅と写真とゴハンと」に登場した葉山在住の写真家・ミヤジシンゴさんが感激した葉山グルメを紹介。

◇プロフィール

ミヤジシンゴ

写真家。東京都出身。1993年よりフリーフォトグラファーとして活動を始め、広告や出版の仕事のかたわら自分の作品を制作している。写真のテーマは「しあわせな瞬間」。食をテーマにした写真集も好評。葉山・一色海岸を10年間撮り続けた作品『葉山 一色の海』を用美社より出版、全国の白いご飯に合うおかずを取材した『しろめしの友』を晋遊舎より出版(ともに2014年)。写真の持つ記録する媒介としての役割として、2017年に、「葉山ビーサン写真館」をオープン。

Q 2017年で一番印象に残ったレストランは?


写真:tinkerbell-diaryさん

A 葉山にある「ヴィラマレーア(Villa Marea)」です。


葉山しおさい公園近くにあるイタリアンレストラン。食事の前後に一色海岸を散歩できるのも葉山らしくていいです。鎌倉野菜はもちろん季節のものをおいしくいただけます。



Q もう一度食べたい一皿は?



A 「ヴィラマレーア」で食べた、スペアリブと鎌倉の塩プリンです。


上述の、「ヴィラマレーア」で食べた、スペアリブと鎌倉の塩プリン。スペアリブはイタリアンらしい豪勢な一皿。海風を浴びながら、これにビールを合わせて……最高ですね! 塩プリンは、甘過ぎない大人向けの“甘塩っぱい”味わいがクセになります。

Q 2018年に行きたいレストランは?


出典:エイさん

A 井土ヶ谷の「アリラン飯店」です。


昭和54年創業の老舗焼肉屋。最高級の和牛を使った焼肉が評判だとか。焼肉も好物のひとつなのですが、神奈川にあるのに一度も伺えてない。今年こそはと、虎視眈々と狙っています。


Q 2018年の気になるフードトレンドは?


A 老舗の味が気になります!


いろんなところに旅をして思うのが、いいものは時を超えて愛され続けるということ。長く続くお店には理由があるはず。新しいお店だけでなく今も続く老舗店をもっと訪れたいです。

「老舗」がキーワードのレストランを探す