OPPOの日本市場参入が来年1月31日に発表へ!

既報通り、スマートフォン(スマホ)などを開発・製造する中国のメーカーであるOPPO Mobile Telecommunications(以下、オッポ)が2018年春に日本市場へ参入に向けて今年8月に日本法人となるOPPO Japanを設立しています。

産経新聞は28日、新たにこの日本市場参入について発表すると見られる発表会を2018年1月31日(水)に東京都内で開催すると伝えています。まずは仮想移動体通信事業者(MVNO)の「格安SIM」など向けに中価格帯のSIMフリースマホを投入するとのこと。


オッポの日本市場参入を伝える産経新聞

オッポは中国や東南アジアを中心にシェアを伸ばしているスマホメーカーで、世界全体の販売台数でも3位で同じ中国メーカーのHuawei Technologies(ファーウェイ)に続く4位グループとしてvivo Mobile Communication(ヴィボ)やXiaomi Communications(シャオミ)とともに付けています。

特徴はセルフィー(自撮り)を中心としたカメラ機能と低価格な高いコストパフォーマンスで、主力の「OPPO R11」などが好調で中国市場では2016年に続いて、2017年も一時ファーウェイに首位を取られたものの、堅調にシェア1位を維持しています。

東南アジアやインドに続いてオーストラリアなどにも進出しており、約30カ国で販売しているとのこと。日本市場でははじめにSIMフリー製品を家電量販店やネット通販で販売し、人材募集にもあったようにNTTドコモなどの大手携帯電話会社への供給もめざしているとしています。


OPPO R11


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・OPPO 関連記事一覧 - S-MAX
・オッポが来春に日本参入へ 中国のスマホ首位メーカー - 読んで見フォト - 産経フォト
・中国スマホ大手オッポ、日本参入 18年春にも: 日本経済新聞
・OPPO Mobile for Smartphones & Accessories - OPPO Global - OPPO Global